« 前へ | Main | 次へ »
ピオレ姫路に行って来ました
 連休初日の土曜日、30日に開業するピオレ姫路の内覧会に行って来ました。姫路駅の北口を出て姫路城を遠望する広場の右手に新築されたピオレ姫路はB1〜6F店舗面積1万5000平米に姫路初の87店を含む119店舗を揃え、既存のヤング館、ごちそう館、おみやげ館とあわせた2万3000平米で初年度165億円を見込んでいるそうだ。
 B1はフードとコスメのフロア、1Fはアーバンリサーチ、トゥモローランドなどが並ぶセレクトフロア、2Fはトレンドカジュアルフロア、3Fはエレガンスフロア、4Fはカップルカジュアルフロア、5Fには東急ハンズとユニクロ、6Fはクリニックとビューティ関連などのサービステナントが並ぶ。姫路という立地にしては頑張って揃えているが、区画が大きすぎるテナントもあり、もっと多数のテナントを詰め込んでバラエティを充実させても良かったのではと思う。それでも姫路では意欲的な構成だから、三宮に流れていたOL〜キャリア層もある程度引き止められると期待される。  
 姫路はややコンサバとは言え岡山に迫る90万人級の商圏を持ちながら、三宮への消費流出でターミナルの商業集積が遅れていた。ピオレ姫路の開業で三宮への流出が減少すれば独立商圏として評価が高まるかも知れない。一方で岡山は倉敷と商圏が一体化して近年はアウトレットパークの開業やイオンモールの増床で倉敷方向に比重が移り、表町はもちろん駅前地区も衰退が進み、駅への一点集中が進んでいた。14年11月に駅隣接の林原本社跡地にイオンモール岡山が開業すれば、駅中〜駅地下とイオンモール岡山に来店が集中して表町の衰退が加速し、一度は倉敷方向に偏った比重も岡山方向に戻る事になる。
 商業集積が限られた地方都市の商圏は新たな商業施設の開業で大きく変貌する。静岡や岡山はもちろん、徳島やそれに酷似する和歌山など、予想を超える変化が注目される。




 2013/04/30 11:43  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ