« 前へ | Main | 次へ »
盛り上がりはGWまで?
 アベノミクスの追い風に乗って三月の衣料品売上は驚異的な伸びを記録したが、果たしてこの勢いは何処まで続くのだろうか。景気の動向はともかく、店頭の商品展開を見る限り昨年と同様、GW明け以降の減速が危惧される。
 月例の「販売データ交換会」を控えてコーディネーターから上がって来た直近スタイリング動向報告を見ると、先月からのエアリー&トランスペアレントな初夏物に肌出し/柄物のリゾートアイテムや麻混/地黒プリントの晩夏物が加わり、GWへ向けた品揃えに切り替わっている。危惧されるのは既に三月末から出ていたアイテムが氾濫気味なのに加えて晩夏物も一通り出揃い、GW明けからバーゲン前までプロパーで引っ張れそうな新鮮アイテム/ルックがわずかしか見当たらない事だ。
 景気回復とモード回帰で衣料消費は好調と言ってもGW前に弾が出尽くし、後は売れ筋のリピートばかりという展開になれば昨年と同様、五月末にはセール待ち状態に入ってしまう。モンスーン気候の日本では暑くなるとゆるナチュラルなレイヤードに戻るからモード回帰の神通力も効かなくなるし、バーゲン時期分散を引き摺るとなればGW以降の投入を抑えるブランドも多く、昨年と同様に失速してしまう事が危惧される。
 失速を回避するには晩夏のシーン提案を打ち出すかプレフォールを前倒すべきだが、バーゲン時期が分散しては在庫を抑制せざるを得ない。羹に懲りて膾を吹かしては夏バーゲンの低迷は避けられないが、館の拘束を無視して営業政策を貫けるブランドは限られるから、やはり盛り上がりを欠く事になるのだろうか。バーゲン時期分散の徒労はいい加減に終わりにしたいものだ。
 2013/04/18 13:52  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ