« 前へ | Main | 次へ »
キラリと光ってました
 月例の「販売データ交換会」を控えて渋谷の店頭を一周した折、ヒカリエShinQs4Fにある「GATHERS IN THE PARK」の陳列が目を惹いた。今春トレンドの透明感あるイエロー〜グリーン系とピンク〜オレンジ系に左右仕分けてルック回転配列しただけだが、未だナチュラルカラーが大半を占める周囲のショップの中ではキラリと光っていた。シンプルなカラー仕分けなのに魅力的に見えたのは、配色を二系統に絞っていた事に加え、オーガンジーからサマーツィードまで上質素材のコントラストが効いていた事が要因だと思う。
 VMDって結局は商品企画の陳列表現であり、企画段階のルック提案や素材構成、配色構成でVMDの魅力も決まってしまう。商品企画とりわけMD構成企画段階で陳列を構想するのが本来のVMDなのに、この業界では何時の間にか継ぎ接ぎのMDを化粧するディスプレイにすり替えられてしまった感がある。そんな退化した売場ばかりの中、一部の外資系ブリッジ〜ラグジュアリーブランドだけでしか本来のVMDが見られなくなって久しいが、この「MOLDAVITA」(セレクトを加えたショップ名が「GATHERS IN THE PARK」)という三陽商会のブランドにはそれが活きている。
三陽商会というと最近は2015年問題や早期退職募集といった暗い話題が目立つが、自社開発体制で高品質な商品を提供する本来のブランドビジネスの姿を保っている数少ない大手企業として再評価されるべきであろう。幾つもブランドが廃止される中、この「MOLDAVITA」は渋谷ShinQsと梅田EST、梅田阪急に加えて3月6日には西宮阪急にもお店が出来るようで、頑張って欲しいと思う。
 2013/02/22 09:06  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ