« 前へ | Main | 次へ »
イーランド日本上陸の成算
 新聞報道に拠ると、韓国イーランドグループのSPAブランドが三月から次々と日本市場に進出する。「MIXXO」(「ZARA」をベンチマーク)と「SPAO」(「UNIQLO」というより「g.u」に近い)をアリオやそごう、三井不動産のSCなどに出店するそうだが、果たして「H&M」級の黒船騒動になるだろうか。
 イーランドグループはアパレルからレストランやホテル、百貨店やアウトレットモールまで手掛ける年商10兆ウォン(約9000億円)級のコングロマリットで、うちファッション事業は韓国、中国中心に150ブランドを一万店(韓国内はFC主体、中国は直営店)展開してグループ売上の約四割を占めている。デザイナーやパターンナー、生産管理要員など1200人もの開発スタッフを抱えて自社企画・開発の計画マーチャンダイジングと計画VMDを貫徹する欧米方式のブランドビジネスを志向しており、OEM/ODM依存の52週継ぎ接ぎマーチャンダイジングを場当たりディスプレイでお化粧する日本型SPAとは一線を画する。中価格帯の「E.Land」や「SCOFIELD」「PRICH」「ROEM」などはこのセオリーを貫徹してブランド価値を確立したが、量販大型SPAの「SPAO」と「MIXXO」はアイドルグループを使った派手なプロモーションが注目される。
 韓流ビジネスの定石通り欧米ブランドをリアルにベンチマークしてブランドを開発しており、どのブランドも何処か○○○ブランド風の既視感があるが、韓流独特の灰汁の強いウェットな味付けを指摘する人もいる。ベンチマークしたブランドより教科書的に徹底した計画MDやカラーVMDが特徴的で、イーランド系のブランドはすぐにそれと見て取れる。ブランドビジネスの教科書的実践は評価されるが、開発固定費とマーケティングコストも応分に高く、中価格帯ブランドには割高感、量販SPAには「UNIQLO」と較べて品質の格差が指摘される。
 そんなイーランド系ブランドは日本市場で受け入れられのだろうか。109市場やネット通販でグラマラスモード系韓流ブランド/デザインが受け入れられているという点はプラス材料だが、香港系ブランドの日本進出が悉く挫折したという過去はマイナス材料だ。「等身大」から背伸びモード志向に転じた今の日本市場を考えれば、やや泥臭いイーランドの中価格帯ブランドが人気を得るのは難しいし、「SPAO」も勢いに乗る「g.u」に張れるとは思えない。「ZARA」をファストに振って安くした「MIXXO」は、デザイン感度は「ZARA」と較べるべくもないが手頃感で一定の評価を得るかも知れない。
 進出が都心の大型路面店ではなくSCテナントや百貨店インショップというインパクトを欠く手法でもあり、「H&M」や「フォーエバー21」のような旋風が起きるとは到底思えない。支持を広げて行けるか否か、出店戦略とウェブやSNSを駆使したプロモーションに掛かっているのではないか。
 2013/02/21 09:15  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ