« 前へ | Main | 次へ »
ギョーカイの季節感
 ようやく梅雨も明けて夏らしい季節になりましたが、もう店頭は秋色一色。自分のやってる仕事は来春夏真っ盛り。ファッションギョーカイって季節感ずれまくってますね。私のココロも先週あたりから軽井沢を彷徨っており、こ汚い表参道にはココロ在らずという状態。老若男女の人混みとホコリまみれの表参道って、ほんとに悲しくなる。
 バーゲンに入って私が買ったものと言えば“ISAIA”と“VALLANTINE”のスーツ、イタリアものの手縫いシャツぐらい。ユーロ高が進んだ今時、バーゲンでなければ決して私の手には入らなかったでありましょう。あと、プロパーでは“MAXI”のハワイアンジュエリー。コレ、めちゃカワいくて、ついまた買ってしまってます。ハニーのジュエリーに較べると0がふたつ少ないから、ネクタイ感覚で買えちゃうのです。プロパーと言えば、先々週やっと履き下ろした“INCOTEX”の白スラックスは1月に買ったクルーズ商品。リゾートの季節になって、ようやく日の目を見た訳です。エンドユーザーとなってみて、ギョーカイの不可思議な季節感が実感出来ました。
 何時の日かイタリアやチェコの工場を国内や韓国の工場のようにクイックに使い回し、こだわり仕様アイテムが月々ジャストシーズンにデリバリーされるようになればいいな。たかが洋服に困って捜し回ったり、何ヶ月も早買いしたりはアホらしいと思うのです。
 2006/08/03 18:53  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ