« 前へ | Main | 次へ »
勢いを失う「ルミネ」
 定期借家契約時代をリードして一世を風靡した「ルミネ」だが、鳴り物入りで開業した有楽町店が予想外に苦戦して初年度売上が二桁予算未達に終わり、「ルミネ型」を踏襲した地方大都市の駅ビルも必ずしも順調ではない事が業界に漏れ伝わるに至っては、「ルミネ型」が「時代の勝ちモデル」とは言えなくなって来た。その要因は以下の5点だと私は考える。
1)定期借家契約の一般化
 00年の導入初期はパルコのように財務的な負担やテナントの抵抗で普通借家契約からの切り替えが進まない館が大半だったが、新設施設では定期借家契約が定着し、セレクト系やカジュアルチェーンなど定期借家契約時代になって多店化した新世代がテナントの主流となるに及んで、駅ビル/ファッションビルでは3年4年の定期借家契約によるテナント入れ替えが一般化し、ルミネのアドバンテージが崩れて来た。
2)百貨店のハイブリッド化
 駅ビルが浸食して来た百貨店でもJ.フロントリテイリングを筆頭に駅ビル並み歩率?で駅ビル系テナントを導入するハイブリッド戦略が広がり、ターミナル立地におけるルミネの独占性が薄れて来た。
3)ウェブへの顧客流出
 近年、衣料・服飾のネット通販が急拡大してスマホ世代に定着する中、ルミネは対策が後手に回ってO2Oの仕掛けも作れず、テナントの大半が重複するZOZOTOWNやテナントの自社サイトなどに顧客が流れた。 
4)グローバル化の遅れ
 国内業界の新ブランド/業態開発が短期化するテナント入れ替えサイクルに追いつかず、「等身大」に偏って魅力的なテナントが不足する中、外資系ブランド/SPAへの依存が年々高まっているが、ルミネはその流れをリード出来ず後手に回り、109同様に顧客を奪われつつある。
5)「等身大感覚」がオフトレンドに
 ルミネの成長期は若者が「等身大」な消費に閉じこもりファッションがガラパゴス化した時代だったが、世界的なモード回帰とアベノミックス景気による脱ガラパゴス脱等身大が急進する今年以降、ルミネの「等身大感覚」は一気にオフトレンド化していく。時代の一変に対応すべく、テナントミックスと館環境を全面刷新しない限り、109のような没落が危ぶまれる。
 2013/01/31 09:16  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ