« 前へ | Main | 次へ »
「スマイルカーブ」で良いお年を
 20年振りにデフレが終焉して衣料消費が底を打ちO2O(ウェブと店舗)ハイブリッドが急進する革新と再興の年となるはずだった12年は、バーゲン時期を巡る混乱や有力ファッションウェブモールの暴投で業界がダッチロールに陥り、混迷を深める結果となった。これらの混乱は13年も尾を引きそうだが、年末の選挙での自民党の圧勝を受けての景気回復期待が高まる中、領土問題を巡る中韓との関係悪化リスクは否めないものの、衣料消費も本格的回復が期待される。
 業界の混乱は「サプライチェーン総体のバリュー競争力」という視点を欠いた顧客軽視の利益追求パフォーマンスから発したものであり、業界の指導的立場にある方々の視野の偏りが嘆かれる。個々の企業はもちろん、業界を発展させて行くにはサプライチェーン総体のバリュー競争力向上が不可欠で、経営者には各段階の付加価値創造に見合った利潤の配分という「スマイルカーブ戦略」の見識が求められる。13年を革新と発展の年とすべく、経営者はグローバル&ハイブリッドな視野を持って取引先から顧客まで皆が笑顔になれるスマイルカーブを描いてほしい。

※当社も明日から年末年始休暇に入り、年明け7日から営業を再開します。皆様も良いお年をお迎え下さい。
 2012/12/28 10:28  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ