« 前へ | Main | 次へ »
混乱の早期収拾を願う
 秋期(8〜10月)の衣料品売上実績がまとまったが、レディスブランドは95.2、全国百貨店婦人服は98.4と、バーゲン時期分散で混乱した夏期の低迷を引き摺った。ゾーン別に見ると、駅ビル/ファッションビル系のヤング〜OLの落ち込みが激しい一方、百貨店のミセスやプレタは落ち込みが軽微で、ラグジュアリープレタだけが勢いを増している。総じて固定客比率が高く店頭バーゲンを行わない(個々に時期設定するシークレットセール主体)高価格ブランドの堅調が目立ったから、バーゲン時期分散の後遺症は流動客比率(同時に継ぎ接ぎMD比率でもある)の高い若向けブランドに大きかったと推察される。
 12月に入って16日までの都内百貨店売上は全館/婦人服/紳士服とも前年を3〜5ポイント下回っており、全国ベースも大差ないようだ。店頭は既にバーゲン待ちに入っており、夏バーゲン分散の混乱以来、前年を超えたのは寒気が到来した11月だけとなりそうで、百貨店売上高の16年振りの底打ちも怪しくなって来た。
 12月中旬でバーゲン待ち状態なのだから、年が明けてプロパー販売期間があると考えるのは著しく消費者感覚と乖離している。年明け早々からバーゲン入りするのが消費者感覚であり、17日や18日から始まる百貨店や駅ビルのバーゲンを財布を閉じて待ってくれる消費者が多数居るとは到底思えない。春物立ち上げが直後に迫る中、わざわざ在庫を積んで待つアパレル業者が多数派とも思えない。消費者感覚も在庫運用の現実も無視した暴挙の結末は業界にダメージをもたらすばかりか、罪もないアパレル事業者まで巻き込んで在庫処分の悪戦苦闘を強いる事になる。
 夏バーゲンの混乱で大きな損失を被った大手アパレルのトップは『バーゲン時期は法律で決めてほしい』と苦言していたが、シーズン在庫の将棋倒しに苦しんだアパレル業界の本音であろう。現場と顧客に背く暴挙に「錦の御旗」があるはずもなく、今回の冬バーゲンをもって混乱が収拾される事を願いたい。
 2012/12/19 09:22  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ