« 前へ | Main | 次へ »
無理があるのでは・・・ 
 伊勢丹新宿本店の婦人服売上が低迷の度を深めている。夏バーゲンを後送りした6月の87.5をバーゲンが移った7月も97.5とカバー出来ず、その後遺症が続いた8月も94.6と低迷したのはともかく、9月も88.6、10月も85.2と低迷の度を深めている。全館売上は9月が96.1、10月が93.2、紳士服は9月が101.7、10月が95.9だったから婦人服の低迷は突出しているが、その要因は90億円をかけて来年3月の全面開業を目指す大規模改装がもたらす売場の混乱にあるようだ。
 実際、新宿本店の婦人服フロアに行ってみると、2F、3Fなどパネルで囲って改装中の売場がほぼ半分を占めている。営業しながらの改装ゆえにブランドは何度も移動を強いられており、ブランドの売場を探して右往左往するお客様が混雑に輪をかけている。新宿本店に出店しているアパレルに聞くところに拠ると、今回の改装が始まって以来、10回以上も移動させられているブランドも少なくないそうだ。当然ながら移動は営業終了後に行われるから深夜に及ぶ残業となり、何度も続けばアパレル側の疲弊は想像に難くない。三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長は日本経済新聞のインタビューで『定休日の復活や営業時間の短縮で従業員の労働環境にも配慮』と紹介されているが、お取引先の従業員は配慮の対象外なのだろう。
 これだけの全面改装なら、順繰りに部分閉鎖しての改装に加え、バーゲン明けの半月間ぐらい婦人服フロアの大半を閉めて一斉改装するという選択もあったのではないか。さすればブランドは何回も売場を移動せずに済み、お客様も右往左往せずに済み、売上の減少もミニマムに抑えられたのかも知れない。もし冬バーゲンの後倒しに拘ったゆえに一斉改装期間が取れなかったとすれば、ちょっと考えさせられる。もっと現場やお取引先に配慮して柔軟に物事を決めて行く事は出来ないのだろうか。
 2012/11/30 09:18  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ