« 前へ | Main | 次へ »
お手並みを拝見しましょう
 24日の夜、春雨の中を六本木ヒルズまでペレニアルUAがデビューさせた「フランクウィーンセンス」を見に行きました。凋落著しい百貨店に今さら参入するというので如何なものかと訝っていたのですが、上質なインポート素材を駆使した繊細なブリッジ・キャラクターに仕上がっていてホッとしました。ユーロ高で欧州インポートものが衰退する中、欧州素材を使って国内生産したインポート感覚のブリッジブランドは百貨店唯一の期待ゾーンであり、狙うとしたらここしかなかったのでしょう。
 ブリッジ感覚のブランドとしては価格も手頃で、「プレシャス・コレクション」の20'S〜30'S感覚のレトロなドレスやコートは十分に魅力的。難点は「イージー・クロージング」のハイゲージニット類で、如何にも中国製といった安っぽさは他商品と違和感がありました。価格も二格安く付けられており、何でここにあるのか不思議でした。「プレシャス・コレクション」のドレスやコートも輸入素材ゆえ期中のフォローが難しく、ワールド流(担当部隊の多くはワールド出身者)の期中企画商品が前述したニットのような安っぽさで投入されるならイメージダウンは避けられません。どのような手法でそれを回避するのか、お手並みを拝見しましょう。
 幾つかの仕事をやり残したままGW前半戦に入ってしまい、咽に何かひっかかったままといった嫌な感じです。30〜2日の三日間で何とか片し、GW後半を心置きなく楽しみたいものです。デッキの薔薇達も力強く生い茂り、何百もの蕾みが大きく膨らんで来ました。GWの後半には一斉に咲き揃いそうです。お近くの方は散歩ついでに薔薇を眺めてやって下さい。
 2008/04/29 09:04  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ