« 前へ | Main | 次へ »
m)phosisを取材しました
 一年振りにシンガポールに行くので、前々から注目していたm)phosisのオーナーさんにインタビューしたいとキャピタランドのYUさんにお願いしたら快くご手配下さり、ラッフルズシティのお店でお話を伺う事が出来た。m)phosisのオーナーHensley Tehさんは見た通り気さくな方で、シンガポールに11店、中国に11店、香港に1店、インドネシアに5店、フィリピンに4店、ベトナムに3店、マレーシアに4店、計39店を展開する辣腕ビジネスマンにはとても見えない。
 アパレルOEMメーカーとして80年に創業して94年にm)phosisを立ち上げ、09年には上海に初出店して今や北京など6都市に拡げている。自社ウェブサイトはまだなく、シンガポールのZALORAというモールに出ているのみで、売上はシンガポールの一店分程度。年商はシンガポールで1000万S$、全体で1400万S$ほどで、中国の売上は期待ほどではないそうだ。
 チーフデザイナー、アシスタントデザイナー、パターンナーからなるデザインチームが6人、生産マーチャンダイザーが4人の体制で、SS400型、AW400型、クリスマス企画とチャイナ春節企画それぞれ20〜30型のコレクションを組み(アジアンMDの参考になるでしょ!)、アパレルは自社工場で半分、外注工場で半分を生産している。m)phosisの価格はトップスで27.90〜52.90S$、ボトムで31.90〜59.90S$、ニットドレスで52.90〜73.90S$、ケミカルシューズで19.90〜52.90S$(1S$はほぼ70円)とH&M水準にも拘らず、パターンナーや生産管理まで抱える自社開発だから、コスチュームからシューズ、バッグまでほとんどモノトーンに徹したアバンギャルドモードなコレクションが抜群のお値打ちを感じさせるのは当然だ。そこがプロフェッサーの注目する所以と言ってもよいだろう。
 年中、亜熱帯気候で四季のないシンガポールでのコレクションだからアウターは限られ、欧米コレクションに較べれば立体感が弱く、日本のスタイリングに較べればミックス感を欠くが、中国市場への対応が進めばアウターも充実し、日本のモードスタイリングを研究すればリミックスやレイヤードの面白さも加わるのではないか。日本に持って来てアジアングローバルなモードSPAに育ててみたいという誘惑にかられる。




 2012/10/31 09:06  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ