« 前へ | Main | 次へ »
アバクロのチェアマンは偉い
  秋にはH&Mが上陸するし来年にはいよいよアバクロも出て来るという事で欧米SPAへの関心が高まっていますが、90年代から散々見飽きている私としては今一つ燃えません。RUEHLには期待を裏切られましたが(04年9月に1号店が開店したが、未だ16店舗に留まっている)、まだ見ぬGilly Hicksには大いに期待を抱いています。ネットで見る限りアメリカンイーグル・アウトフィッターズのナチュラルランジェリー業態Aerieとはひと味もふた味も違う崩しが期待出来そうで、エログラマラス系や姫エレ系ばかりの109系ランジェリー市場に新風を吹き込みそう。それにしてもアバクロ社の製品は国内のネットショップに氾濫しており、どこまで本物か怪しいものの人気の高さを実感させます。来年、銀座に1号店が出来ると人気沸騰するのでは。
 世界中で日本市場のウェアリングに強い影響を与えているのはアバクロからホリスター(お兄系の発祥)までアバクロ社の業態だけで、他の欧米SPAは欧米トレンドを上手くMDするに留まって日本市場のウェアリングには何ひとつ影響を与えていません(H&MスタイルとかZARAスタイルなんて存在しません!!)。109のトレンドを見ていると、アバクロ社が如何に偉大な存在か日々、実感されます。新たなウェアリングやビジネスモデルを提案するSPAを世界に探そうとしても、結局はアバクロに辿り着いてしまうのでしょうか。Michael S.Jeffries(チェアマン&CEO)は偉い!!アバクロ社を高値で売り飛ばして大儲けしたLeslie H.Wexnerはもっと偉いのかも。
 という訳でパリやミラノには足が向かず、結局は大嫌いなNYに飛ぶ事になるのでしょう。そろそろ秋のチケットを予約しておいた方がよさそうです。
 2008/04/23 10:02  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ