« 2012年06月 | Main | 2012年08月 »
ひも理論をひも解く
サッカーの試合は私が観戦しなかったら日本が勝利する。

 前回のワールドカップもそうだったし、今回の男女の第一試合の勝利もそうだ。一日でも夜更かしをしてしまうと仕事が回らなくなるので仕方なくだが、今日土曜日は私が起きている時間に女子の二試合目がある…。

 マイブームとお伝えした「ひも理論」にカンザスシティへのホームステイの同窓生のシノちゃんから便り(メール)があった。本人に断ってもいないが、一部引用すると。

 カンザスでの研修中に炭酸をグラスについで飲みながら、「この泡が、水面で消えた瞬間、泡の数だけ宇宙が消えてる気がする」と高校1年生が言ったら、大学生君は馬鹿にもせず、「わかるよぉ」と相槌を打ってくれました。「おぉ。大学生にもこんな感覚のわかってくれる人がいるんだ」とうれしかったのを思い出します。大学生はもう立派な大人だと思っていたむかしむかしの話です。

 当時の私は21歳の大学三回生。シノちゃんはとてもクレバーでチャーミングな女の子でした。立派な大人…という意味深い発言は当時のまんまです。そんなシノちゃんと読者の皆様のために、マイブームの足跡をたどることが可能な文献をご案内する。

1.まずは宇宙の始まりを知ろう。「宇宙は何でできているのか」村山斉(幻冬舎新書)
 
 私たちの世代が中高で習った理科や物理はなんと分解能が低かったことかと思い知らされる。その物理も理解できなかった自分のレベルの低さも改めて思い知らされる。

2.次に宇宙を支配している共通法則を知ろう。「重力とは何か(アイシュタインから超弦理論へ、
宇宙の謎に迫る)」大栗博司(幻冬舎新書)

 ここに登場する超弦理論というのが、いわゆる“ひも理論”で、相対性理論を越えてあらゆる事象を説明することができるグランドセオリーの可能性大なのだ。

3.そして今度は地球の成り立ちを知ろう。「地球の中心で何が起こっているのか」巽好幸(幻冬舎新書)

 著者は類まれな鉱物オタク。粘度の高い液体は固体で、粘度の低い液体は固体で。手のひらに東京スカイツリーを10本乗せる世界にあなたは耐えられるか?チャッキー、読んだか?

4.そしていよいよ私たちの始まりを知ろう。「生命は何故生まれたのか」高井研(幻冬舎新書)

 こればっかりは熱心なクリスチャンにはお勧めできない。神がこの世を創世したのではなく、化学反応がスタートなのだから。

5.最後の仕上げは、私たち人間社会の進化の偶発性と民族に貴賎はないことを知ろう。「銃・
病原菌・鉄」(ジャレド・ダイヤモンド)草思社(文庫本になって良かった!)

 全ての民族は平等に潜在能力を持っていた私たち人類のルーツと、事後的な条件がたまたま先進国と発展途上国を創り出した歴史に驚愕すること間違いなし。これもWASP信仰者にはお勧めできない。

 そんな階層構造の下の下にマーケティングがあって、その下にマーチャンダイジングがあって。私はそれらを生業にして生きることができていて…。宇宙を支配する大いなる法則に惧れを抱くのはごく自然な生命体としての反応である。

 そうなると浮世の勝った負けたや欲望は文字通り炭酸水の泡となって消えてゆく。解脱…。

 それにしても幻冬舎新書はいけてるよなぁ。若かりし頃、講談社ブルーバックスを数十冊読破してこの世を理解したつもりでいたが、科学は日進月歩。我々はまだまだ知らないことばかり。目指せ幻冬舎新書完全読破。
 2012/07/28 18:54  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
大違い
WBCがあやしくなってきた。

 選手会にあっぱれが出たが、考えてみれば当たり前のこと。どこぞの業界のみかじめ料の吸い上げだもんな。

 FIFAが、移籍金をジュニア時代の出身クラブにまで遡って分配するのとは大違い。サッカー業界の分配ロジックは、なにも考えずに自動手当をばらまく民主党とも大違い。

 中長期的なメカニズムを理解した上での、システム的采配には一分どころが十二分のアドバンテージがある。野球も日本の政治も、、“ファン”や“国民”という言葉がむなしく響く。ただの興業をやっているに過ぎないのだから…。

追伸 物質が10億分の2の僅差で反物質との生存競争に勝利したのは何故かという最新の物
    理学の問いに予言を呈しておきます。
    この宇宙には、無限にも等しい無数のビッグバンが発生して、その過程と結果は必然で
    はなくランダム(確率論的)なものに過ぎず、たまたま数多あったビッグバンの中で、絶妙
    のバランスだった10億分の2を達成することができた我が宇宙がここにあって、私たちがこ
    こに居るに過ぎない。

    この現象は、資本市場において、たまたま数%超の利益を残すことができた企業が存続
    し、そうでない企業が退場を余儀なくされることと同じこと。
    数兆円の売上をほこる大企業は数10億の利益を計上することは、神業と言うべきか粉飾
    と言うべきか?

    そんな過程の中で、たまたまあるのが私たちの宇宙であり、私たちの地球なのです。「ひ
    も理論」がマイブームです。
 2012/07/22 19:11  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
もしもアパレル業界だったら?
まったくのおとぎ話ですので、聞き流して下さい。

 もしもアパレル業界で、吸湿速乾の機能性抜群の化学繊維が、その製造過程で事故った場合に放射能汚染が拡散するとしたら…。

 実際にそのような事故が起こってしまって、今後どうするかが、すったもんだの議論になって公聴会が開催されました。すると市民代表の中にアパレル業界や素材メーカーの関係者が混じっていて、実際に放射能で死んだ人はいないなどと嘯くのです。

 担当大臣や担当当局は、公正に抽選した結果なので…と言い訳に走って。アパレル業界というよりは会社の看板を背負った、ご本人には罪がなさげな現場社員が一所懸命マイクを握り締めて…。

 片や、コストはかかるがオーガニックコットンは地球にも人体にもとても優しくて。コストパフォーマンスは無視して頑なにオーガニックを追及し続けるアパレルメーカーと、それに共感する顧客との関係性はますます深まっていって…。

 それでも放射能リスクを冒してでも石油から化繊を合成する素材メーカーとアパレルの鼻息は荒くて…。で、たまたま抽選で当たった市民の中にアパレル業界の人がいて…。

 バブル絶頂期のその昔、神戸の人気のエリアの住宅分譲の抽選に部下十名ほどをあて馬で応募させて、見事ターゲットの建て売りをゲットした猛者先輩がいらっしゃいました。古き良き時代というよりは、今の価値感ではパワハラになりかねません。当のご本人は残念ながら鬼籍に入られてしまっていますが…。

 フェアな抽選の結果だから…と言い訳する大臣や関係者のウツワもさることながら、あて馬応募はしてないの?と疑わざるをえないこのご時世にむなしさと憤りを隠せないのは私だけでしょうか?

 特別利害関係人は取締役会の議決から外されてしまいます。古くは三越の岡田さん。最近の出来事ではゴルフのアコーディアや東京スタイルの取締役会でドラマは起こりました。

 広義の特別利害関係人が、フェアでニュートラルであるべき場で、持論ではなく自社論をぶって、どないすんねん?六代目「文枝」を襲名した業界の厳かさと、ご当人の富良野ギャグとは、あまりにもコントラストが強すぎる二つのシーンでした。

 たかだか私たちの人生は、地球や宇宙の歴史の億分の一もないのです。明日は出張途上で、待望の「重力とは何か」大栗博司(幻冬舎信書)を読むのが楽しみです。

 反原発デモに参加して現場の臨場感を味わいたいよね!と話している北村家からの発信でした。
 2012/07/17 21:18  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
販売業務のジレンマ
1.売らんがための接客が裏目に
2.通りいっぺんの接客では通用しない
3.停滞感/閉塞感を打破する徴候

今週、顧問先の販売スタッフの全国大会でのミニ講演のお題です。

 もってこいの参考文献として、元フェラガモの伝説店長である森令子女子の上市されたばかりの著書があります。「ケタ違いに売る人の57の流儀」「(PHP研究所)です。57の奥義については、皆さん原著に触れてみて下さい。

 森女史はお世話になっているロジ企業のS部長の飲み友達とのことですので、近々一席設けさせていただきますので、直接ご本人から受信する情報についてはまたの機会に。

 また、顧問先でのミニ講演での解題についても、パブリックに詳細をお話しすることができないのが残念ですが、そのエッセンスのみご案内しておきます。

 其の一:北風と太陽なら、太陽たらん
 其の二:商品ではなく、自分を売り込め
 其の三:お客様を裸の王様にしてはならない

後はご想像あれ!
 2012/07/16 19:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
このデフレは大歓迎!
地元の打ちっぱなし練習場「山の街ゴルフガーデン」が男前のサービスをしてくれます。
http://ygg-kobe.jp/

 35歳でゴルフを始めてから通っている練習場ですが、昨年オーナーが変わって、今春新装オープンしたところです。以前も1000円で120球打てていたのでリーズナブルでしたが、それ以上に凄いサービスで大感激です。

 週末の土曜日の書き入れ時にもかかわらず、メール会員に対して、何と900円で90分の打ちっ放しを提供してくれるのです。90分で打ちっ放す球数はおおよそ450球。もちろん、そのうち300球ほどは50ヤード未満のアプローチショット。

 日本広しと言えども、一球換算2円の練習場は滅多にお目にかかれないのではないでしょうか?

 こればっかりは、デフレ大歓迎です。アプローチが上手くなるといいな…。
 2012/07/14 17:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード