« 2010年11月 | Main | 2011年01月 »
大型リアルショップの価値
大阪のキタに日本最大の大型書店がオープンしました。

 MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店で、売場面積は6800u、蔵書は200万冊を揃えたそうです。“知の百貨店をつくっていきたい”と岡充孝社長の弁。

 amazonの2000万種(書籍だけではありませんが)とは一桁異なりますが、書店において大型のリアルショップが成立する所以はどこにあるのでしょうか?ちなみに、JR大阪駅の半径600m以内に2000u超の大型書店は6店舗めにあたるそうです。

 amazonで検索しながらレビューを読むことで、大方の書籍探索ニーズを満たすことができます。レコメンデーション機能も便利は便利ですが、人間にとって決定的なストレスとなる点が二点あります。

 第一は、レコメンやこんな書籍が同時に見られています情報は、こちらからリクエストした訳でも、属性やセグメントを示唆した訳でもなく、勝手に押しつけられてしまう点です。

 第二に、大きなリアル売場を廻りながら、人間系のアナログ検索やアナロジーを駆使してブックホッピングをして、思わぬ書籍に出くわした時の情緒的感動はネット上では味わうことができません。

 小島健輔氏が著書“ユニクロ症候群”で、同ブランドのことを「デジタルな工業製品感覚」「プラスチック感」「トーキョー的ローカル感覚」と評しておられます。ネット上の書店からは、まさにデジタルな工業製品感覚とプラスチック感しか感受することができないのです。

 書籍は印刷して大量に複製する点では工業製品の一面を有していますが、著作権の対象となる人間的精神活動のアウトプットであり、本質的には文化です。 ネットショップや電子書籍では、著者の精神活動の成果と人間として文化的に対話することは困難だと言わざるを得ません。

 アパレル業界の不況感は未だ底を打ちませんが、その中でも大箱は比較的健闘しているようです。コレクトポイントやフラクサスなどの大型編集売場が各社においてトライアルされています。ネット販売は、リアルが苦戦しているブランドや会社においても堅調に伸びているようです。

 大型リアルショップに何が求められているのかいないのか、ネットショップならではの利便性と限界はどこにあるのか。それらをはき違えないで正しく展開していかなければ、少なくともプラスチック感を否めないデジタル工業製品を扱っているのではないアパレルブランドは袋小路に迷い込むことになってしまいます。

 キーワードは、人間ならではのアナログで文化的な相互作用です。
 2010/12/27 15:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
夢の中へ
井上揚水の“夢の中へ”のメロディーに乗せてお読みください。
決めのセリフは、是非とも嘉門達夫風でお試しあれ。

 戯け者は誰ですか?名指ししにくい方ですか?
 政府の中も外務省でも、探してみたらすぐ見つかるのに。
 まだまだ居座る気ですか?
 それより、早くお辞めませんか?
 夢の中で、夢の中で、言ってみたいと思いませんかぁ。
 うふふー、うふふー、さぁー。

 「私あまりロシア詳しくありませんから」

 本が書けそうです。上司を一瞬で激怒させる方法。
 “私あまり●●詳しくありませんから”

 流行語大賞には年が押し迫り過ぎていることが唯一悔しいです。
 2010/12/24 13:42  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
これはしてやられそう
スマートフォンを導入して3週間近くが経過しました。

v現在5端末を持ち歩く状態には辟易していますが、その感動はipadのときのそれをはるかに凌ぐものがあります。

vガラパゴス携帯よりはるかに視認性のよいディスプレイが手の平の上にあるという感覚は言葉ではお伝えしきれません。アイコンや画面の躍動については、アップルに一日の長がありますが、アンドロイドも十分いけてます。

v以前、何をクライアントにして世界をどのように認識するのか、その基本は今も昔も変わらないと記述したことがありますが、スマートフォンを情報端末にして世界の情報と接するようになると、何か一線を越えてしまうようなワクワク感と、反面の恐怖感に襲われます。

v時間的、地理的壁の向こうにあって、即時同時的に認識できない情報や世界があるから私たち人間の興味や関心や能力は喚起されて維持されてきたものと考えられます。それらが手の平の上で一気に即時化同時化し、さらにはカメラによる画像や映像を通じた情報認識が人間の五感にとって代わられるとは…。

 それだけで、してやられそうなのですが、さらにもう一つ。

 ネトゲが、基本プレイ無料で、アイテムやアバターの売上で急成長したことは周知の事実ですが、基本(ライト版)無料アプリで遊んでいるうちにハマってしまい、有料のフル版や105円だからと侮って、ちょこちょこアプリを買い続けていると、とんでもないことになりそうです。

 これをネット上だけのビジネスモデルとして捨ておくのは、あまりにもったいない。ベーシックアイテムを無料で配布して、それにコーディネートしたりトッピングするディテールや雑貨を有料で販売するアパレルがでてきてもおかしくありません。応用すれば、高い子ども服なんだけど、親のペアルックが無償になるとか。ネタは無限にありそうです。

 能もなく、一律でマークアップして原価率で商品企画を縛ることをやめてみませんか?
 2010/12/22 18:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
本当のこと
本当のことを言うし、やらかしてしいまう人が世の中にはほんの少しだけいます。

 そんな希少人材が四人も一堂に会したのですから、凄いひと時でした。

 其の一:本物のシステム屋さん。其の二:ちょっとずれのOEM屋さん。其の三:都度コメントを寄せて下さるsayoさん。其の四:私。

 パトリオットミサイルの真実、生産背景と原価の真実、パターンナーの真実、そして、この世の普遍的原理たる真実の存在。それぞれの本質がぶつかり合って、とんでもない議論が盛り上がった一夜でした。

 耳がロバだったり、実は裸だったりする王様のことを言えないでいる同志が数多いることは想像に難くありません。故あって組織を去った私たちはそれを口にすることは簡単ですが、そうではない人々に堆積しているエネルギーのほどは幾ばかりか?

 そんな私たちが、日々小さなオペレーションレベルの改善を請負いながら、実は大きな転覆を目論んでいることを皆さんはお気づきでいらっしゃいますか?

 小銭を稼ぐ小粒な現実人と、目先の利益は問わない大器と、あなたは見極められますか?
 
 素敵な渋谷での一夜でした。
 2010/12/21 23:00  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
エクセルは麻薬だ
もっともウマの合う業界人のお一人である中堅アパレルの管理系ご担当常務の言葉に思わず今回の標題が思い浮かびました。

 曰く、営業が、生産が、MDがPCにつきっきりでエクセルをぶん回している、社内からエクセルを消滅させたい…と。

 まさに、ピンポーンであります。営業はヒトが相手の商売で、生産はモノ作りの現場がターゲットで、MDは商品が命です。本来はそうであるべき面々が、エクセルと奮闘して意味もなく行と列が肥大化したA4の印刷にも耐えられない帳票を大量生産しています。

 アパレルを科学することを標榜してきた私がこんなことを言うと矛盾していると感じられる方もいらっしゃるかもしれません。科学するとは、何もデータを並べ立てて数字でビジネスを推進することを意味しているわけではありません。

 初期のブログで申し上げたとおり、科学の要件は二つしかありません。“再現性”と“反証可能性”です。従ってそれらの要件を備えてさえいれば必ずしもデータや数字の羅列を必要とするわけではないのです。逆にいえば、もっともらしい帳票が大量にあったとしても、ビジネスとして再現性と反証可能性(≒結果を検証して修正すること)が伴っていなければ、そこには何の科学性も存在していないことになります。

 PCに向かって仕事をしているふりをする性向は、現代のビジネスパーソン全てに覆いかぶさる病ですが、アパレルでリアルに根差した専門領域を有するべき人々の多くがエクセルという麻薬に侵されている現状を憂う常務の発言には共感しました。

 同じことは、情報システム部なる部門を内在している各企業にも当てはまります。中途半端なSEやネットワークの専門家、そして進化のスピードがムーアの法則のレバレッジが幾何級数的に増大しているハードや通信環境を社内に抱える意味は、これっぽっちもありません。仮に、歴史的にそれらを内在化してしまった企業も、人材や設備を正にして短期的につじつまを合わせる選択を、勇気をもって捨て去ることが求められています。

 20世紀最後の10年で、アパレル業界のIT武装を経験しました。その後、アイドル期間の10年が終わろうとしています。次の10年で、本当に本当のIT武装のプロトタイプ実現に寄与できればと思っています。

 それに向けた役者と舞台が揃いつつあります。
 2010/12/17 20:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード