« 2008年07月 | Main | 2008年09月 »
加護野先生還暦記念コンファレンス
恩師の加護野忠男先生の還暦記念コンファレンスが23日24日の二日間、神戸大学にて開催されました。

 社会人院生OBも含めて総勢90名強が集まり、19本の研究発表に加えて三品和広先生と金井壽宏先生の特別講演と加護野先生による記念講演がありました。

 私が机を並べさせていただいた頃からずっと同じテーマを掘り下げておられる研究もたくさんあり、感慨深いものがありました。

 そんなコンファレンスの中で、次のような趣旨の議論がありました。「通常の学会における発表は、一定の完成度があって研究成果が明白な発表しか許されないのが通例だが、今回のように、ほんのアイディアベースの段階だったり、ここで行き詰って、こう迷っているという発表もすることができて、それに対して様々な批判や意見が交わされると、学会とは全く異なる刺激とエネルギーに満ち溢れている…と。」

 私も、いくつかの学会に出席させていただいた経験もありますが、エキサイティングで面白い議論というよりは、閉鎖的な価値観の中で取り交わされる儀式的雰囲気を少なからず感じていましたので、全くそのと通りであると共感させられました。

 さて、皆さんは“会議”という言葉の意味を考えたことがおありでしょうか?“(人々が)会して議する”というのが語源です。しかしながら、「会して議せず、議して決せず、決するも行動せず…」という嘆きがあるように、なかなか会議は成果につながっていないのが多くの現状ではないでしょうか。

 何も決定するばかりが会議ではありません。今回のカンファレンスのように、発散しながら収斂のきっかけをつかむような議論もあれば、ブレストに代表されるように発散、創発を促す場もあるでしょう。

 つまり、情報共有などど称して漫然と集まるのではなく、

 1)発散、創発を意図する開く会議なのか
 2)発散させながら収斂のきっかけをつかむ開いて閉じるきっかけをつかむ会議なのか
 3)結論を導く閉じる会議なのか

その趣旨をはっきりとさせた上で議事進行にとりかかるのが要諦ではないかと考えます。

 目には見えにくいですが、会議の進め方の巧拙は組織にとってとても重要なインフラと考えます。コンファレンスの内容から得られた知見については追ってアップさせていただきます。
 2008/08/26 16:11  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
14.7ozの快感
デニムのヴィンテージ生地を世に出している岡山県は児島のテキスタイル企業があります。

 ラルフローレンやシャネルのデニムの生地も供給してきている同社ですが、先日、ヴィトンの本社の人々がわざわざ訪ねて来られたそうです。

 同社とお付き合いを始めて約一年が経過するのですが、ジーンズを四本とポロシャツ二枚とシャツ一枚とジャケット一枚を愛用しています。

 同社の専務曰く、「デニムは年中14.7ozでしょう。」と。それまでの私は、ジーンズも夏物と冬物とを使い分けていました。オンスの詳細は分かっていなかったのですが、夏には薄手の生地のジーンズを、当然冬には厚手の生地をそれぞれ二〜三本ずつ分けて持っていたのです。

 ところが、マニアは一年間を14.7ozで穿き通すとのこと。とはいえ、その三本のうち二本が14.7ozで残りの一本は14ozなので、猛暑のこの夏は14ozに集中すると思いきや、実は14.7ozの生地のジーンズが真夏の暑い盛りに結構快適なのです。これには驚かされました。

 別にお付き合いしている古着の会社さんは、10ozとか12ozのジーンズを企画されるのですが、それはそれでファッションとしてはありでして。でも14.7ozの重厚な生地間が真夏でも快感をもたらすとは、新しい発見でした。(寒暖で申し上げると、決して快適ではありません)

 さて、当の児島のジーンズメーカーさんには、究極の15.7ozのジーンズがあります。この秋、心して一本入手する予定にしております。ゴワゴワでどうやって穿くの?という第一印象の商品を、自分の体に合わせて手懐けていく過程が、マニアならではの道だとのこと。

 同じ専務の語録ですが、ジーンズは経年変化を楽しむことが究極の所有価値だと。そうなると、予めダメージが施された昨今の商品はその道には外れていることになります。ちなみに同社にはダメージ系の加工を施した商品は一切ありません。

 三本の内訳は、インディゴ機械染めのノーマルタイプと、インディゴ手染めのちょっとプレミアムタイプと、本藍20回枷染め手染めのプレミアムタイプの三種類です。もっともお気に入りは最後のやつであることは言うまでもありません。

 35度を優に超える街中に颯爽と14.7ozで立ち向かうその姿は、文字通り“出陣”に他なりません。実はその後15.7ozの新作をワードローブに加えたのですが、流石に涼風が吹かないとデビューする気にはなれません。(笑)
 2008/08/19 22:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
部分最適と全体最適
個々の要素にとっての最適な状態の足し算は決して全体の最適状態を担保することはできないし、その逆に全体としての最適状況をそれを構成する各要素にとっても最適な状況に分割することは困難であるというパラドクスを意味します。

 私にとって古くは、社会人大学院の先輩である保田氏にMBAチャレンジのご相談に伺った際に、そのときには“組織”に関心が高かったので、「個人個人のベストである部分最適の延長上には会社としての全体最適は描きにくく、会社としてのベストの状態を全社員個人個人にとってもベストな状態に配分することはとても困難であるが、よりよい人事制度の模索を通じてその矛盾に挑戦したい…。」という趣旨の思いをお話させていただく機会がありました。

 大手外資系製薬会社の人事部でもあり、MBAでも人事系を専攻しておられた同氏から、実は「若いくせに(確か私は31歳でした)、深く考えているやっちゃ。」と最初に言われたのですが、その後の議論の展開で、「アホか」と撃沈させられたのは“ほんまに大丈夫なん”の稿で申し上げたとおりです。

 さて、本日、ある経営トップとの議論の中で以下のようなお話しが出てまいりました。

 次期情報システムにおいては、現場に対して、現状よりも粗利と経費のリアルな全体像を知らせた上で、よりコントロールの範囲を広くして、会社としての最終着地に近い数字を見せながら、精度の高い意思決定とオペレーションを期待したいというコンセプトを私がお話したことに対するレスポンスでした。

 業務のパフォーマンスの全部を見せてしまうと、それを理解して身に付けた社員は会社の外に出てしまう。

 細切れにしか見せなかったら、そのリスクは回避することができる。全部を見せていた昔には、強い個人商店主の集まりにはなることができたが、会社が組織として成長することはなかった。部分的視野と責任しか与えていない現在の方が、会社は組織的にも全体規模的にも進化している。と。

 まさに、部分最適と全体最適のパラドクスが、現実の場面で発生していたのです。

 ロジカルシンキングでは、全体をMECEに分解することでロジカルに次のステップに進むことができると説くのですが、数字だけで表すことができる現象や相対的に戦術的アクションにはそのまま当てはまるのですが、戦略マターや人間がからんでくると必ずしもロジカルではなくなるところが経営の妙味ですね。

 そう言えば私達も、自分の人格的全体像では説明のつかない個々の行動パターンや、しょうもない発想や出来事を要素として持ちながら、騙し騙し生きていますよね。
 2008/08/11 21:06  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
教え教えられ
先週は、プレゼンテーションのスキルを教える側だったのですが、昨日、あるコンペティションでプレゼンテーションを行って審査される側に回りました。

 先週の講義の休憩時間に、受講生の方々と雑談で、「前で教えている私も、来週にはあるところでプレゼンを行って、その内容と一挙一動を試されるのですよ。」とお話しすると、「へぇー!!」がいくつも飛び交っていました。

 時間は質疑応答も含めて30分強とそれほど長くはなかったのですが、一所懸命の30分が終わった時には汗が噴出していました。

 部長職お二人をはじめとして10名程度の方々を前にしてのプレゼンでしたが、ことのほか緊張したのか、はたまた力が入ったのか、前述のような大汗という次第でした。

 「フレームワークやロジックなどのきれいごとだけでは現場は回らないと思うが…」という鋭い突込みに対して、「それらの基本があった上で、最終的に勝負になるのは人間力で…。従って、論理を振り回すだけでなく皆さんが人間力を高めたり発揮しやすくなるような働きかけをさせていただきたい…」という回答をしたのですが、それがどのように受け止められたか。

 “現場力”とか“人間力”という言葉をよく耳にしますが、それが重要なパフォーマンスの源泉であることはよくわかっているけれど、どこをどう操作すればそれがうまく顕在化するのかのメカニズムはサブシステムとしての行動科学や心理学は学問として確立していますが、諸説様々で、はっきりこれという決め手がないのが実情のようです。

 そこで私が行うアプローチは、空気を読んで、その人の人となりを観察、理解して、その人を受け入れて、その上でその人の自主性と長所を引っ張り出すというプロセスなのですが、その過程の勘所をうまく形式知として表現するには、まだまだ私の修行が及ばないのか、それ以上噛み砕いて皆さんにお伝えすることができません。

 是非とも本プロジェクトをご一緒させていただいて、様々な教えを参画者の方々から頂戴して、そして皆さんにもっと具体的に当該プロセスのご説明ができるようになることを祈念して…。

 東京が雷雨で神戸発の飛行機が一時間ほど遅れて飛ぶということで、空港のロビーにて一筆啓上いたしました。
 2008/08/05 18:23  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
“お仙”の筆者
昨日、本日と通信系大手企業様の選択型研修にてロジカルシンキングとプレゼンテーションをの研修をご一緒させていただきました。

 その際に引用させていただいたのですが、正確に当事者を再現できなかったお話しをこの場を借りてフォローさせていただきます。

 「限られた時間と紙面の制約の中でプレゼン資料の情報を最小限のシンプルなものにするのが難しい…」という受講生の方の感想に対して、“世界一短い手紙”と 日本の武士が書いた“簡潔な手紙”をご紹介いたしました。

 それぞれ筆者が思い出せなかったのですが、「?」と「!」のやりとりは、フランスのビクトル・ユーゴーが“ああ無情”を出版したときの出版社とのやり取りの手紙です。

 また後者は徳川家康の家臣、本田作左衛門重次の「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ。」です。

 背景とか文脈を共有している人々の間では、簡略化された記号や言葉でとても深い意味を伝達しあうことができるようになるという趣旨の解説をして差し上げたのですが、“記号論”という立派な経営学の分野があるとともに、今の“ギャル文字”にも通じるものがある限られたコミュニティにおける重要な現象、ツールであります。

 これまで、多くの同コンテンツでの研修をやらせていただきましたが、自分自身のテンションと受講生の皆さんの乗り具合はトップ3に入るレベルの濃い二日間でした。

 積極的に手を挙げてくれるのだけれども実際に発表するのはその人が指名した他の人という積極的他薦文化の同社。入社三年目の同期のMさん、Oさん、Iさんが作ってくれた活気。100`マラソンにも果敢にチャレンジされる同世代のMさん。大阪南港の研修施設に始めて来られたとのことで、思わずジョギングシューズとウェアを現地調達して街灯の乏しい港を走り回られたとか。また、休憩時間に寸暇を惜しんで営業上のTELをしまくっておられたNさん。

 他にも印象に残る人々はたくさんいらっしゃった(ほぼ全員)のですが、素晴らしい二日間をありがとうございました。この二日間がみなさんのビジネスキャリアの何某かの礎になれば、私もご一緒させていただいた甲斐があります。

 三年目の同期の皆さんも含めて、何かございましたら小さな勉強会(飲み会)はウェルカムですので、是非お声がけいただければ幸いに存じます。

 9月には同じクライアント様の二年次社員全員を対象にした合宿研修が控えています、今からとても楽しみにしています。
 2008/08/01 20:13  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2008年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード