« 2008年06月 | Main | 2008年08月 »
“しゃべる”の功罪
「この品番、シーズントータルでなんぼしゃべったの?」
ファッションの生産現場でよく耳にする表現です。

 以前、店頭における販売行為をプロセスで分解して、それぞれが法律上のどのような契約のステップに相当するのかをお話したことがありました。今回は同様の趣旨のお話の生産編が入り口の議論です。

 前の会社で、上場準備の一環として職務権限規程の整備に携わる機会がありました。上場レベルの会社でなくても、いわゆる社内稟議に関する簡単なルールはあったりするのですが、ファッション業界に決定的に事前稟議が欠けているジャンルがありました。生産現場における原材料と本生産の発注です。
 
 職務権限規程や稟議規程では、たいてい経費に関する支出に関しては細かく項目が明記されていて、それが、20万円、100万円、1000万円、5000万円、一億超などと金額も定義されています。それぞれ、課長、部長、事業部長、本部長、社長、取締役会というように各階層にもきっちりと対応しています。

 初めて課長という職責を拝命したときに、自分のハンコで支出できる経費の上限が20万円であることに唖然とした記憶があります。

 その一方で、各ブランドの生産現場では、何反もの生地が、何千枚もの製品発注がTEL一本、もしくはFAX一枚(今だと、メール一通)で担当者レベルで“しゃべられ”ていた(る?)のです。

 片方で経費に関しては完璧なルールとその運用が行われていながら、千万単位の在庫に対する投資は結構ラフに行われているアンバランスさがとても印象的でした。

 さて、“しゃべる”というのは契約のステップで言うと、契約の誘引、申し込みに相当します。印紙税を節約するために請書は発行しないケースが多いので、その“しゃべり”を相手方が同意したのか、聞いただけなのか曖昧なまま、モノ作りは進行していきます。すなわち契約が成立したかどうかよくわからないまま現実のプロセスは動いていくのです。
 
 後になって、相手方が「独り言だと思ったので、聞き流した。」と言ってしまえば、契約は成立していなかったことになります。合意を称する言葉のやりとりとそのエビデンスがないと後々ややこしいことになりかねません。

 生産の現場では歩積みをして原料リスクをヘッジしたり、それぞれ決算期の異なる会社間の取引の場合は利益の状況を睨みながら「今回はちょっとウチで仕切っておくから、来期返して。」などの浅知恵が横行していました。

 どうしても、曖昧なままとりあえず前に進んで、状況に応じてその場で対応しようと考えがちなわが国のビジネスマインド(特にアパレルには強烈に存在する)ですが、曖昧さと例外を許さず決める、断言するというリスクを張り、ポリシーを貫くというのはグローバルなビジネスマインドとして極めて現代的なセンスです。

 自社のブランドを大切に育てようとしておられるバングラデシュ人の社長さんが、「ウチの商品は店頭で絶対にマークダウンして売ってもらいたくないし、取引先や販売時期によって掛け率を変えることもしない。

 たとえそれが原因で新規の口座が増えるスピードが落ちても、既存の大口の取引先でドロップする相手が出てきても、それは甘んじて受け入れる。」と言い切られました。

 諸先輩が築き上げたブランドや仕組みの上に乗っかってSPAを日々一所懸命回しておられる同輩の諸氏の方々。ブランドビジネスに携わっているという気概とプライドがいかほどお持ちですか?
 2008/07/30 22:13  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
東北自動車道快走の巻
地震に遭遇するのが嫌で、東京の大学や企業に進む決心がつかなかった私が、神戸で大震災に遭遇したのは私の人生のギャグですが、昨年末から東北の盛岡にお邪魔するようになってから三回目の地震に遭遇しました。

 本日はRockyと一緒に店舗レイアウトの議論をするお仕事で、7:36東京発の“はやて3号”に乗る予定でした。当日の未明12:36に揺れは発生したのですが、前日は23時ごろ床に就いた私は夢の中にいました。

 変な夢に起こされたのが、起床予定より1時間以上早い4時半頃でした。起きて、PCでも開けようと思ってつけたTVからは震度6弱の地震が東北を襲ったと…。

 おいおい、新幹線走るんか?と思いきや、案の定、仙台までは行くけれど、その先は様子見とのこと。とりあえずRockyにメールを打って、東京駅までは行ってみようと。

 彼も心得たもので、予定時刻より30分ほど早めに東京駅に着いており、一本早い6:56発のはやて1号で仙台までの足は確保。後のことは仙台に着いてから考えようと。

 ところが、仙台以降の復旧は午後以降になるとのことで、在来線で行くか、高速バスを使うか、タクシーを捕まえるかの選択肢。在来線もバスも3時間ほど要するとのことで、タクシーに賭けることに。

 乗り場に行くと、車列から離れた個人タクシーのセルシオを見つけたRocky。ナンバーを見ると、“・・・1” こいつは只者ではないと、私が早速交渉に。メーターで87000円+高速代という定価を6万円ポッキリで握って、いざ東北自動車道へ。

 運転手さんは、「飛ばすのでちょっと待って、と車外に出て屋上の行灯をとりはずし見事普通車に変身。盛岡へとまっしぐらに疾走したのでした。

 道中での会話。運転手さんは三歳のときにご両親が離婚されて、祖父母に育てられたと。娘さんが私立の名門高校に合格したときにお勤め先の会社が万歳して、奥様がパニクった際に、「原資はある。(一日5箱吸っている)タバコをやめれは娘の学費と交通費は出せると。」 

 きっぱりやめてから一週間後に夢の中におばあちゃんが出てきて、タバコを刻んで丼に入れてお湯をかけて、さあ喰えと。その夢がダメ押しで、以来一本も口にしていないのだと。

 私が起こされた変な夢とは、訳のわからない動きをするサンドバギー車にオヤジが轢かれてしまうもの。それで早く目覚めてニュースに接して、早めの段取りを取ることができたのです。

 運転手さんもおっしゃっていたのですが、ご先祖様が私達を見守って加護してくれていると。まったく、その通りだと共感することしきり。

 地震男というのはあまり聞いたことがありませんが、どうやら私にはその片鱗があるようで…。

いろんなことを考えさせられた東北遠征でした。
 2008/07/24 20:41  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ちょっとMBA足らず
中堅ファッション企業で、基幹系をはじめとしてシステムの総入れ替えのプロジェクトが進行しています。
 
 要件定義も大詰めに差し掛かって、システムベンダーさんから懐かしいコンセプトが提示されました。今回のプロジェクトでは、とても柔軟でチャレンジ精神旺盛なソフトハウスの社長さん達に恵まれて、まただまだ予断は許されないですが、とてもいいプロセスが進行していると実感しています。

 当の社長さん達は、社長であるがゆえにリスクも張れるし、無理なお願いも請け負っていただけるのですが、システムベンダーさん曰く、ISOの標準に照らし合わせると、開発プロセスと見積もりは、ああなって、こうなると…。

 暫く頭に思い浮かぶことのなかった概念ですが、まさにそれは“ウォーターフォール”の考え方でした。ウォーターフォールとは、十数年前に、それをやっちゃいけないよということで語られたダブりや冗長性が許されないリニアな開発プロセスを指し示す言葉ですが、やっぱり生き残っていましたか…

 それに対抗する概念として、オブジェクト方式やモジュールなどの概念がとりざたされて、WEBベースだの、WEB2.0だの、相変わらず真新しい言葉には事欠かないシステム業界ですが、レガシーはレガシーとして現前と生き残っているのに驚かされました。

 MBAのココロとしてお話しするには憚られるので、コーヒーブレークにいたしましたが、実はどんな時代にも実は生き残っているレガシーな概念はいくつもありますよね。

 卸からSPAへのイノベーションにチャレンジしていたその昔、これまでの業界を自嘲気味に“KKDDH”と称していました。勘と経験と度胸というところまではアパレルに限らず語られていたのですが、私たちはそれにDH、すなわち“どんぶり勘定”と“はったり”を加えてKKDDHといたしました。

 石橋を叩いて渡るのはいいことなのですが、石橋を叩いているうちに、渡るべき石橋が崩れ落ちてしまった…というギャグもよく使われました。

 これらの逸話を、「昔あったよね。」と簡単に片付けてはなりません。レガシーのレガシーたる所以は、現代に至ってもなお厳然と居座っている場合があるからレガシーなのです。

皆さんも今一度、身近なレガシーを見つめなおしてみませんか?
 2008/07/22 22:42  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
チャレンジザ慣性モーメント
私は高校時代は理科系でしたが、大学は法学部に進んでしまいました。

 12歳のときに当時の中一時代という雑誌の漫画で、離島での災害をアマチュア無線家の少年が救済するというストーリーを読んで感化されて、アマチュア無線の免許を取得したのがきっかけで、将来は電子工学系に進みたいと真剣に考えていました。

 勿論、高校に進学してからは理科系を選択したのですが、体育会にはまってしまった私は、数UBと物理から挫折が始まりました。数学でのつまづきの始まりは“ベクトル”と“数列”からでした。数Tは共通一次の最初の年度に200点満点だった(自己採点ですが)のですが、数UBになって訳が分からなくなってしまいました。

 後になって、数学とは実は哲学だと知ることになり、それ以降はいろんなことが理解できたのですが、当時そのように指導していただける師もいなかったことから、単なる小手先のテクニックとしての入り口は完璧だったのですが、本質的内容に入ったところでアウトでした。

 同様に、物理の世界でも“ドップラー効果”のあたりから、かなり怪しくなり、“慣性モーメント”のあたりでは終わってしまったのが私の青春時代の結末です。

 08AWから、MDボックスを作成して、VMDまで連動した店頭展開にトライしているクライアントがあるのですが、立ち上がりの商品は投入したのだけれども、店頭はセールを引っ張りたがって、計画値を下回っているのが現状だと…。

 そこで引用したのが“トリムタブ”のお話です。トリムタブとは、船舶の舵を動かすための舵のことです。中東から石油を運んでいるようなタンカーは舵を切ってから船の向きが変わるまで数キロかかるそうです。もの凄い慣性モーメントが働いているからに他なりません。

 さらに、そのような大きな船の大きな舵を切るためには、大きな舵を切るための小さな舵が必要で、それがトリムタブなのです。

 今、私達が着手しているのは、大きな船の向きを変えるための大きな舵を切るための小さなトリムタブを動かしたところに過ぎません。トリムタブが動いて、確実に舵は切れ始めている筈ですが、大きな船体が向きを変えるには少し時間と距離が必要となります。

 それでも、一刻も早く成果の程を実感したいのは世の常。ブリッジで「取り舵いっぱい」と声を張り上げている私達にとっては、ドキドキする毎日が続きます。
 2008/07/18 00:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
門前の小僧
ROCKYとVMDのお仕事をご一緒する機会がありました。

 新店、改装店舗の図面を拝見して、問題点や改善点を指摘するミーティングのあと、実際に渋谷に出て、二店舗回って「ああでもない、こうでもないと。」

 概ね両者の指摘事項と方向性は合致し、いいお仕事ができたのではないかと実感しています。事後の反省呑み会の場で彼が一言。「北村はどこでVMDの勉強をしたのか?」私の答えは、「門前の小僧、経を覚えるですわ。」と。

 私自身、VMDの専門教育を受けたり、専門部署を業務として経験したことはありません。しかしながら、SPA型の新業態の立ち上げや通販ビジネスの立ち上げ、CRMなど様々な新しい取組みを経験させていただくとともに、ありとあらゆる業態やブランド、店舗の生死を間近で見聞きしてきました。

 小僧でも暗唱することができるようになるお経ですが、私の場合は、販売士、中小企業診断士、消費生活アドバイザー、ファッションビジネス検定、MBAと数々の普遍的理論と知識を学習してきました。そのベースの上にお寺から和尚さんのお経が聞こえてくるわけですから、単なる暗記に留まらず、その意味するところまで理解できたのでしょう。

 とりわけ、心理学の中でも臨床心理学の領域と組織論の中の行動科学の領域はVMDと密接につながっている学問であると感じています。

 チキンハートの割には、口の悪いROCKYは、「VMDの大先生方は、こう言いますが、それは大きな間違いです。」と何度も口走っていました。そんな彼が、“真珠”と“ボクシング”というキーワードにはまっているようです。どんなデザインやプランが上がってくるか、楽しみにしています。
 2008/07/14 09:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード