« 2009年07月11日 | Main | 2009年07月16日 »
合従連衡は訪れるか?
キリンとサントリーのニュースは、解散予告という裏ワザの報道に霞んでしまいましたが、冷静に考えると大ニュースです。 これがキリンとアサヒの話しだったら、天地がひっくり返るような超大ニュースになりますが…

 本日明日と、大手企業同士の合弁による建築資材系の企業の管理職ベーシック研修を担当させていただいています。新会社の枠組みになってからのプロパー社員の方が、初めて対象になる年度にあたるのですが、以前ご一緒させていただいたときと共通の印象と、少し異なる印象が共存しています。

 おそらく、それぞれの元の親会社の企業文化が融合しあいながら、新しい文化を定義して、さらには、その新しい文化に最初から 飛び込んできて新しい価値を創造していくというプロセスが進行しているに違いありません。

 M&Aにおいては、形式的には人事制度の整合性をとることが、片や本質的には異なる文化、風土の融合を図ることが大きな課題のひとつとされますが、そのことを上手くハンドリングできているケースは少ないようです。

 キリンとサントリーに事例からは、少なくとも新しい業界秩序を形成すべく、文化と風土の融合を図ろうとする経営者の思いが伝わってきます。

 そのような大儀を伴わないM&Aがいい結果をもたらすことが少ないことは火を見るより明らかです。アパレル業界においても多くのM&Aの事例や企業再生の事例が見受けられますが、業界を揺るがすようなインパクトに結びついている事例は見当たりません。

 今こそ、業界百年の計を睨んだ、合従連衡が求められているのではないでしょうか?とはいえ、経営者は、異なる時間軸の異なる価値で縛られている可能性が高いので、そのような歴史的変革が訪れることは滅多にないのですが…

目指せ、勝海舟!
 2009/07/14 20:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード