« 2008年10月28日 | Main | 2008年11月02日 »
H&M
アカデミックな世界で活躍されておられる方々以外で固有名詞を出すのは初めてです。

 H&Mは、業界仲間からの評判は最悪ですが、一般消費者の反応はまだ判断を下すには微妙なところという印象ですね。

 私自身が銀座店を見て感じた第一印象は、「日本人をなめてんのか???」というものでした。何の創意も感じられない店頭アトモスフィー、どこに居るのかも分からない店内スタッフ、どんなストーリーを主張しているのか意味不明なディスプレイ…。オイオイという感じでした。
来月にはヤング向けブランドを擁しての原宿出店ですが、お手並み拝見というところですね。

 十数年前、最初に見た米国でのギャップやバナリパには衝撃を受けましたが、その後次々と上陸してきたご本家やZARAにはがっかりさせられました。異国地でのテンションの中で見るそれらと、我が国で受け止めるそれらの違いは、商品そのものが有する絶対的価値だけでは語ることのできないファッションの奥深さ、すなわち関係性とスクリプトに基づいてこそ初めて意味を有する文化がファッションなのだと感じさせられますね。

 まっしぐらにインダストリーに走っている昨今のSPAビジネスモデルですが、文化としての存在意義を忘れたところには、たとえ短期的金銭的利益はあったとしても、中長期的な文化的な成功はないのでしょうね。

 とはいえ、文化では飯を喰えない現実とどこまで闘うことができるか。生き様が問われてますね。
 2008/10/29 00:22  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード