« 伊丹パニック | Main | 右側の壁 »
リーガルマインド
 80年代の若かりし頃、せっかくアパレル業界に入ったのに何故に法務に携わるのか、苦悶の日々を過ごした。

 一般企業においてすら企業法務の開花の時代に、アパレル業界では先駆け的事例であったが、誇りよりも苦悩が先行せざるを得なかったのは、私が未熟であったことを如実に物語っている。今となっては、当時体に染みついたリーガルマインドがどれほどの役に立っていることか、感謝の念でいっぱいだ。

 それから30年強を経た現在でなお、それが多くの企業と企業人に染み込んでいないことを痛感させられることか。

 公法と私法と私人間の契約のプライオリティはわかっているだろうか。契約の成立要件と変更、解除要件は。無過失、過失、重過失の違いは。許可と認可と届け出は。緊急避難と正当防衛は。

 最後は刑法上のマニアレベルであるが、その前に挙げた所々に正しい理解と運用が伴わなければ、ビジネスパーソンとしては素人仕事だねと言われても返す言葉はないと自覚しなければならない。

 想像を絶する猟奇事件が発生したが、契約により自殺を幇助したと言い逃れることはできない。これだけコンプライアンスが叫ばれるようになったにもかかわらず、日産、スバル、神戸製鋼と法的不祥事が後を絶たないのはどういうことか。その前には、東芝、ディーエヌエー、海外に目をむけるとエンロンetc.

 パラダイス文書がどれほどの個人と企業を白日のもとにさらすのか目が離せないが、違法と脱法の区別ができている人々がどれほどいるのだろうか。前者は法的処罰の対象になり、後者は倫理的批判にさらされることになる。

 もともとアパレルウェブの千金楽社長とは、脇が甘いアパレル業界に渇をいれるようなブログにしようとの趣旨でスタートしてちょうど10年のアニバーサリーを迎えた。

 10年が経過して進化どころか退化しつつあるかにみえるアパレル業界のみならず企業および社会全般のトレンドは何を物語っているのだろうか。

 働き方改革という政府のプロパガンダに踊らされ労働現場の疲弊は甚だしいものが否めない。労働諸法で真綿で首を締め上げられて、違法、脱法行為の地雷を自ら踏みつけて、下半身上半身ともズタボロになっていく企業活動の未来は決して楽観視できない。
 2017/11/06 09:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/719


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード