« 諸刃の剣 | Main | リーガルマインド »
伊丹パニック
 修学旅行たけなわのシーズンで伊丹空港周辺がパニクっている。

 いまどきの高校生の修学旅行は航空機利用はごく当たり前になっているようだ。それはそれで何の問題もないが、迎えの車の洪水には困ったものだと言わざるを得ない。

 当該家族にとっては滅多にない一大イベントであり、子供たちに復路の苦労をさせたくない親心もわからないでもないが、毎週のように日常的に空港を利用している私たちからすると辟易の対象にしか映らない。

 折しも、伊丹空港は改修工事のまっただ中にあり、普段は四車線ある周回道路が部分的には二車線に狭まっているところにお迎えの車の両端駐車である。パトカーも出動して赤灯は回しているものの、駐禁に問う要件は整わないことから大渋滞を目の当たりにしながらも手も足も出すことができない。

 昨日も空港の駐車場から出て巡航速度に乗るまでに20分ほどを有するというストレスに遭遇させられた。毎週の日常であるホームの私たちと、晴れのイベントであるアウェイのビジターとのせめぎ合いだ。私の家庭の流儀は、自力で勝手に帰ってこいである。

 白熱教室で一般の人々にも浸透した“功利主義”をどのように解釈して運用するのか、その幅と判断基準には悩ましいものがある。個々人の利権と公共の福祉をどう両立させるかは、公法と私法のバランスのもっともプリミティブな入口の議論だ。わたくしの利益が公共を害している。公共の福祉がわたくしの利益を圧迫している。これは弁証法を用いても、そう簡単には出口が見つからない永遠の課題であるとも言える。
 
 私人と公人の境目を行ったり来たりするのが、私たち人間の宿命か?ニーチェが「超人」という概念を持ち込んだ動機と意図がわからないでもない年齢に達したのは、死期もそう遠くないということ?(笑)

 週末、首都東京でパニックは起こらねばよいが…。
 2017/11/03 18:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/718


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード