« 選挙権定年制 | Main | 諸刃の剣 »
勝負と試合
 勝負には勝っていたが、試合には負けた。その逆で、勝負に負けてたにもかかわらず、試合には勝った。皆さんも何度か耳にしたことがあるはずのパラドクスだ。

 前の週末はこのパラドクスのダブルヘッダーであった。

 ボクシングはとても爽やかな結果に終わったかに見えているが、元チャンピオンのコメントからは微妙なニュアンスが伝わってきた。故障による調整不足から延期も視野にいれたかったが、トリプル戦なので踏み切れなかった…という趣旨のトーンが感じられた。

 興行的にはトリプル戦は大成功をおさめたであろうことが想像されるが、ベストコンディションで勝負に臨めなかった可能性もある敗者の姿勢とコメントが爽やかさにさらに色を添えて天晴れだった。

 選挙という試合に勝たない限り主義主張のつばぜり合いを行う勝負の表舞台に打って出ることができない職業はパラドクスを内在している。試合に勝たんがための勝負の放棄に多くの有権者は白けさせられた。引き続きの政権に野党がどのような勝負を仕掛けることができるのか、期待を託せる党が一党だけでもあることがせめてもの救いか。

 さて、足元で進行中のプロ野球の頂上決戦であるが、勝負にも試合にもなりそうもない第一戦であった。機構側の興行的には今のシステムはベストなのだろうが、本当の勝負を楽しみたいファンの興味に十分に応えることができているだろうか?

 企業にもこのパラドクスは重くのしかかる。利益を出すことを試合に勝つことと前提におけば、いくら社会的好感度の高い活動内容で評価を受けたとしても、利益に繋がらない限り存続は担保されない。えげつない勝負に打って出て利益を出しても、違法でない限りは社会的に葬り去られる可能性は低い。

 勝負にも試合にも負けることは論外であるが、その両方に勝つことは美しいが難しい。
 2017/10/29 09:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/716


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード