« クリアランスとバーゲン | Main | T・AI »
収穫加速の法則
 「昔はものを探すのに文字を打ち込んでいたんだよ」「本当に?」という会話は、かもしれないではなく確実に訪れる近未来だ。

 「昔は海外と通信するのにピンクのリボンにパンチ穴を空けていたんだよ」「昔の写真は銀塩フィルムに感光させていたんだよ」などの会話は既に起こった過去である。

 カーツワイルが予想するような未来が実現するかどうかはそれぞれの読者の判断次第であるが、少なくとも彼が提示する数理的未来像は疑いようもない事実として捉えるべきだろう。

 指数関数的変化がある時点で直線的変化を追い越して、限りなく垂直に近い地点に突入するその時点をシンギュラリティ(技術的特異点)という。欲しいモノが画像で一発で検索できる時代に突入した。おそらく頭でイメージするだけで商品や情報を入手することができる時代もそう遠くはないだろう。

 その一方で、CCCによる洋服の購入金額調査の結果は現在進行形の恐るべき現実だ。一ヵ月あたり3000円未満の回答が男女とも最多で、男性は30%を超え女性でも20数%にのぼる。1万円以上使うという人は、男女とも20%に届くかッ届かないか。さらに、すり切れるまで着る人が男子で30%超、女子で15%ほどとなっている。

 3000円というと清涼飲料を毎日1本消費したのとほぼ同じ金額なので、遂に洋服もそこまできたか…。買ってから手放すまで4〜5年から6〜10年と回答した人が3割近くいることから、すぐにすり切れるファストファッションに数千円しか使わない消費者と、気に入ったものを永く着用したい消費者に二極化していることが伺われる。

 失われた20年の間に、多くのブランドが後者の要求に耐えられない水準のモノ作りしかできなくなってしまったが、消費の側は確実にシンギュラリティに近づきつつある。

 カート・サーモンの河合氏が指摘するように、生産面の業界標準化が急務であり、サプライ側が消費にシンクロできない歪なサプライチェーンのまま放置してはならない。一気通貫のSPAとは何だったの?ということでは元も子もない。ITCもいずれシンギュラリティを迎えるであろうから、今世紀中頃にはモノ作りの世界も一変していることだろう。

 「昔はモノ作りの過程で人間同士がコミュニケーションしていたんだよ」「本当に?」はウェルカムな未来の会話であるが、「昔はものを考えるのに頭を使っていたんだよ」「本当に?」では笑えない。

 笑えない笑い話にとんでもない加速度で近づきつつある今を、私たちはどう生きるのか、頭を使って考えなければならない。
 2017/06/26 09:30  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/700


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード