« 小売のDNA | Main | モノ作りのココロ »
アパレルIT3.0は哲学勝負
 アパレルITに2.0と3.0があるとするならば、SPAモデルの原動力となったPOSレジを入口にした業務系と情報系が2.0であり、現在進行中のAIによる各種ソリューションと グローバルサプライチェーン高度化が3.0に相当すると考えられる。

 前者は様々な実証実験が進行中であるが、大きくは顧客レコメンデーションと発注およびディストリビューションに収斂される筈だ。レコメンはさらにメルマガと店頭接客にフォーカスされ、発注とDBを人間が行うことはなくなっている近未来がかなりの確率で想定される。

 メルマガは最後までコンピューターが完結してくれるが、接客の最終砦は人間である可能性が高い。残念なのか幸いなのか、それがペッパー君で自己完結するとは考えにくい。数入れやDBを人間がやっているからこの程度の精度で頭打ちになることは、誰もが認めたくはないが実感として感じるところだろう。それぞれが情報系と業務系に相当し、スキームは不変のままその中身が飛躍的に進化するのが3.0の世界であると考えられる。

 良品計画とファーストリテーリングが進めている「客が欲しいものだけ作る」というのは、実はものすごく奥が深い本質的命題であり、哲学的な考察と議論が求められるものだ。セリングからマーケティングへと言われて半世紀(我が国において)が経過する。プロダクトアウトからマーケットインと言われたのはこの四半世紀だ。延期−投機の理論は1960年代から存在するが、私たちは売り減らしから売り足しへや期中追加などの曖昧言葉でわかった風をしてSPAを推進してきた。

 売れたモノを追加するのは馬鹿でもできる。キーワードを軸にモディファイを展開していればまだましであるが、ズバリ追加は愚の骨頂だ。テストセール的な提案商品も、恐る恐る置きにいくような勝負に過ぎず迫力と効果に欠けることは否めない。

 さて、客が欲しいものとは果たして一体どのようなものと定義できるのだろうか。マーケティングにおいてニーズとウオンツの違いと、ニーズがさらに顕在と潜在に分かれる氷山モデルは定跡だ。顕在的ニーズに基づくウオンツを客が欲しいものとしていたのでは、ディマンド側もサプライ側も進化の扉を閉鎖していることになる。既知の既存のものを再生産しているに過ぎず、そこには何の前進もない。

 厳密に表現すると、客が「そうそう、そういうものが欲しかったんだけど、自分では想像もつかなかった」と言わせないといけないのではないだろうか。すなわち、客が本当に欲しいものは自分でも気付いていないけれども無意識的には意識しているという、まさに哲学的定義の世界に属するものになる。私たちの認識は主観に依存していることから、客観的認識を真に共有することは原理的に不可能だという哲学的議論があるが、まったくもってその世界に突入することになる。

 欲しいものとは先付けなのか後付けなのか、すなわち事前欲求なのか事後的言い訳なのか、哲学に心理学が加わって市場における駆け引きは複雑化していく。複雑で手間がかかるトランザクションはAI君がいとも簡単に処理してくれるが、AI君に何をやらせてその結果をどのように解釈するかは私たち人間に委ねられている。

 羽生善治さんのAIに対するスタンスは多くの示唆に富んでいる。 
 2017/05/06 17:11  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/692


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード