« フレームワークの重要性 | Main | アパレルIT3.0は哲学勝負 »
小売のDNA
 小売業のDNAが、かくあるもので、かく存在することを実感させられる三日間であった。

 CVチェーンの新入社員総勢226名をエリアマーケティングの世界へと誘う機会を通じて改めて感じさせられたリアルな印象だ。

 まずもって爽やかさに溢れんばかりのフレッシュパーソンの集まりだ。一挙手一投足もしなやかで、号令時の気を付けの際の手の位置が男女ともおへその下で交差されていて、おもてなし感満々であった。

 初日のマーケティング一般論では、初めての言葉が満載で少し腰が引けてしまう受講生が多かったようである。いきなりブルーオーシャン、レッドオーシャン、GMS、SKUときた日には、マーケティングを履修していない人にとってはちんぷんかんぷんのことだろう。

 かく言う私も法学部出身なので、社会に出た折に流通用語や小売用語の知識は皆無であった。声の大きさと体力勝負の卸アパレルが最初の土俵だったのでなおさらだ。プラノグラムやフェイスアップという言葉や、先入れ先出しや前出しまで引用して、初日は緊縛モードで終了。

 中日には、京王沿線の実店舗を素材にして、エリアマーケティングのディスカッション。グループ内での議論が進めやすく、アイディアが出るようになったとの反響で、リアルな題材には特別なフレームワークやアプローチなくしてもグッと入り込むことができた様子。

 最終日は配属先の店舗におけるエリアマーケティングの議論で、みんなのボルテージは最高潮に。散髪屋、美容院、喫茶店、クリーニング店、銭湯など、地場の情報が入手できるホットスペースで情報を獲りまくってくれることを願うばかり。

 人を知り、街を知ることは小売の基本だ。ディベの中のロケーション以降のロジックでしか出店の是々非々を判断してこなかったアパレルのツケは小さくない。そもそもディベがやっちまったゾーンに突入しているオーバーストアの現状では、時計の針を大きく巻き戻さざるを得ないのが正直なところだろう。

 ニッチという生存圏に生かされるのが小売業の宿命だ。会社として、ブランドとして絶滅種になってしまうのか、一日でも長く我が世を謳歌できるのか。生存競争には何の容赦もなく、神様は誰の味方でもない。

 2017/04/23 16:54  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/691


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード