« サピエンス | Main | サービス残業が隠れていた »
変容する労組
 「ろうそ/ろうくみ/くみあい」と呼称される労働組合を、現代的活動への脱皮を標榜して“ユニオン”と改称したのは前職時代の30年も前のことだ。

 かつてはストライキ(労働争議)を切り札に春闘をはじめ経営と対峙することが伝統的労組のスキームだった。それが会社と協働して社員の福祉に寄与したり経営参加まで視野に入れる動きが出始めたそんな時代背景であった。

 今の世代にはゼネストという言葉は辞書にはないだろうし、本当に国鉄や飛行機が止まったなんて信じられないことだろう。組合員の減少とプレゼンスを発揮する場という意味ではすっかりボリューム的に影を潜めつつある労組であるが、ここにきて質的変容の兆しがある。

 典型的な事例がヤマト運輸の荷受量抑制の要求だ。人口減少経済は遠くない確実な未来であるが、短期的には実感できないし認めたくないバイアスが働く。消費市場の縮小と労働力の減少と何が後先でどのようなメカニズムが展開されるのか、変数や仮定が多すぎて的確に見通すのは目と閉じて針に糸を通すより難しい。

 今回の要求と会社側の合意方針は、消費市場が伸びるのではなく大きくECに軸足が移る中、労働力が追いついていない矛盾の結果だと考えることができる。ワークライフバランスの確保という視点で考えると従来の組合活動の延長線上にしか置けないが、市場と労働力の変化圧力に耐えられなくなった現場が経営戦略にもの申したと考えると異なる景色が見えてくる。

 変化する環境に対して質的対応を突きつける新しい労組のあり方が見え隠れする。大きな声で要求を繰り返すだけでなく、クールな頭で経営戦略に質的貢献を及ぼす。労働法の強化やプレミアムフライデーなど国の諸施策は企業体力を奪い続けるが、労組が企業知性を下支えすることでギリギリのバランスが保たれることが期待される。
 2017/02/27 09:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/684


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード