« 私的勉強会継続中 | Main | 自分で考える »
屋台のタコ焼き屋
 屋台のタコ焼き屋が窮極の戦略家でありマーケッターである。およそ20年振りにこのフレーズが脳裏に蘇ってきた。

 大手小売チェーンの新入社員研修のコンペに応札中のクライアントとマーケティングのパートはどうあるべきかを事前擦り合わせをしている最中であった。マーケティングの真髄と伝えたいメインメッセージは何かとの問いに対して、売るのではなく売れる状況を整えることと、商売って面白え!と気づいてもらうことなりと応酬しているうちに頭に浮かんできた。

 神戸大学のMBAからはこのようなベタなメタファーを通じて多くのことを学んだ。屋台のタコ焼き屋はいつどこに屋台を出そうかと考える。出店場所と次期が決まるとどんな客がどれくらい買ってくれるかを予測する。前夜までにそれに必要な原材料を仕入れるとともに、当日は早朝から仕込みに取りかかる。晴れて開店したのちは、通りがかる客に気の利いた言葉をかえて購買を促す。可愛いおねえちゃんや子供達にはオマケの一つもつけてあげる。
立ち居振る舞いの悪い客には、売らないという窮極の選択も行うことができる。

 さて、閉店時間も気になる頃には仕込んだ在庫の残が気になり、持ち越せない原材料をはくために段階的に値引くとともに、最後は廃棄処分を施す。対価と商品の受け渡しも自分の手で行うのは当たり前で、一日の売上を締めて現金残高の照会も自分で行う。そして明日に備えて仕入と仕込みの軌道修正を行って、ようやく床につくころには日付が変わっている可能性がある。数日のチャンクを終えるとトータルの収支とプロコン分析を行い、今後の出店場所と次期についてあれこれ考えを巡らす。もしかしたら、どこぞに常設店舗を出そうかとか、弟子をつくって多店舗展開しようか等々。

 これら一連のアクションと思考を全て一人の手で行うことから、彼は窮極の戦略家でありマーケターと呼ぶに相応しい。

 さらに情報化のパラドクスがズバリあてはまる典型的な業界が今回のクライアントである。
そのパラドクスとは、IT業界の文脈では情報かが進展すればするほど、かえって業務効率は低下するというものだ。前さばきや事後フォローに余計な業務が発生するとともに、必要なインフラ投資も膨大なものになりかねないという警鐘だ。

 経営学的には、ますます社会性が重要となり必要とされるようになると解く。システムやデータを適切に使いこなすことができる組織力や個人の力量が求められるようになるという意味だ。

 社会人一年目の、しかも項目モリモリの4月の研修において240名を相手にどこまで腹落ちさせて、彼ら彼女らのよきスタートアップに繋げることができるかどうか大勝負だ。是非我々を採用していただいて、テンションあげあげで当日を迎えたいと願っている。
 2017/01/31 19:00  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/681


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード