« 輪廻転生 | Main | 屋台のタコ焼き屋 »
私的勉強会継続中
 昨年の三月にスタートした私的勉強会(仮称:北村塾)が年をまたいで先週土曜日に4回目を数えることができた。初めは恐る恐るの出発であったが、参加者の高いモチベーションに支えられて、3月には第五回を予定している。

 ビジネススキルに寄るのかなと思っていたら、予想に反して皆さんの関心はむしろリベラルアーツにあった。第一回目はいかようにも振れる自分自身のキャリアをしっかり考えて欲しいという趣旨で人口減少社会における経済学を扱うことから始まり、次はジャレド・ダイヤモンドで人類の歴史と経度と緯度のいたずらを議論した。そこでのメッセージは、西洋文明(西洋人)が必然的に先進していて優れているわけでもなんでもなく、横に広いという地理的偶然と栽培可能植物と家畜化可能動物に囲まれていたかどうかの環境的偶然の賜に過ぎないというものだ。

 そこから、ムロディナウとグラッドウェルを通じて偶然と必然を取り扱い、今回は統計と確率の世界へと突入した。谷岡一郎氏の辛口の議論と、小島寛之氏の精緻な議論に大いに盛り上がることができた。加えて今回は事業会社の現役執行役員をゲストスピーカーを招いて、
リアリティ溢れるファミリービジネスに関するホットな話題も提供してもらうことができた。

 ここでその内容に触れることができないのが残念であるが、日本語で同族企業と言ってしまうとネガティブなニュアンスやおどろおどろした感覚がバイアスとして働きかねないが、ファミリービジネスは学会もあるくらい世界的にも我が国においても真面目に議論されている経営学の立派な一分野である。

 毎回有志が残って軽くビールをやるのだが、軽くどころか昼間の議論を凌ぐ盛り上がりで3〜4時間の猛論がとめどなく展開される。参加者の反応としては、会社以外のビジネスパーソンとしかも業界を超えて触れあう場がほとんどないらしく、近しい話題であろうが全く遠いテーマであろうがもの凄い刺激になっているようだ。

 私の20代、30代はというと組合や会社を通じて参加できるセミナーや異業種交流にはとにかく活発に顔を出して、これはと感じた人材には講師も含めて別途アポをとって押しかけていたものだ。ネットインフラを通じて誰とでも繋がることが可能になったこの時代にこそ、リアルなフェイスツーの交流が欠損してしまっている現代社会のパラドクスを見て取ることができる。

 SNSには計り知れない効用があることも事実であるが、それが奪い去っているもの、見えなくさせてしまっているものとしての罪(ざい)の部分を見落としてはならない。ふたたびモノからコトへの回帰が起こっているように、デジタル(バーチャル)とアナログ(リアル)も回帰を繰り返す。

 AIや自動運転がどう転回してどう着地していくのか、その動向は注意深く見守るとともに見誤らない人間としての知性と品性が問われている。
 2017/01/26 17:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/680


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード