« モラルステージ | Main | 輪廻転生 »
受難の時代
ファッション業界にとって最悪の一年が終わろうとしている。

 百貨店の売上が6兆円を下回る見込みのもと、気を吐いているのはECとアウトレットと駅ビルだけだ。アウトレットも禁じ手を打った越谷や倉敷は大苦戦の模様で油断することはできない。

 アパレルと小売とが業界を挙げてファッションを文化の座から引きずり降ろしてしまったツケはあまりにも大きい。アパレル側はイトキンに引き続きファンドの傘下に下る昭和のアパレルが出てきそうな来年の見通しだ。

 小売側では90年代にヤングを呼び戻した百貨店ではあるが、今となっては立地の微妙なズレと躯体の古さはあまりにも重たい足かせだ。SCはオーバーストアで、何をどうすることもできないままゴーストタウン化を免れることはできない。

 少子高齢化が進行する時代に、ネットを通じてインフォメーションとビヘイビアーのタッチポイントはスマホに奪われてしまった。減りゆくコンシューマーの24時間365日という限られた時間の奪い合いに敗北し、場所的ハンディキャップを背負ったリアルビジネスの先行きは極めて険しいと言わざるを得ない。

 20年の歳月を隔てて再びコト消費がもてはやされている。リアルでしか供与できない貴重かつエキサイティングな経験を提供することが求められる。USJが絶好調の関西においてニッチに頑張っている「ひらパー」の企画力が大いに参考になる。

 デジタル×AIの動きは止めようもないが、ここはひとつアナログ×人間力の勝負に出ようではないか。私は自分自身の人間力のみに依存する人材育成に次の残り10年を突っ込む。
 2016/12/28 17:51  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/678


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード