« 七人の侍 | Main | 師走に入って »
血の経営学
加護野忠男先生の古希をお祝いする記念講演会とパーティが開催された。

 門下生のみ数十名の集まりだったので記念講演ではオフレコの議論が百出し、相変わらずの加護野節とともにお腹いっぱい堪能させていただいた。

 米寿や卒寿などが字の形に由来するのに対して、そもそも“古希”とは「古来七十これ希なりから」からきているが、今時は“近ざら”(近年七十これざらなり)というそうな。考えるためには体力が必要で脳エネルギーを高める必要があり、さすがにそれが困難になってきたとのことで、介する後進達にに委ねたいと二つの深淵なるテーマを話して下さった。ひとつは“ファミリービジネス”でもうひとつは“社員のコミットメント”であった。

 ファミリービジネスにおける揉め事が多いことは今に始まったことではないが、日経ビジネス11/14でも「創業家の作法」として、出光、トヨタ、サントリー他が特集されたように、ちょっとした旬になっている問題だ。衆議独裁などあり得るか!と功氏の下を飛び出した中内力氏。経営破綻に至ったのは銀行のせいなのか経営者の責任なのかで見解が対立する林原兄弟。これらは世間的にすでに完全ネタバレの案件であるが、その他にもオフレコ事案が多数飛び出し、大いに考えさせられる一時間であった。

 加護野先生からの問いは、「血は何故に人々を安心させたり、必死にさせるのか?」「血とは誰の血なのか、どこまでの範囲なのか?」だ。そしてタネ本はマックス・ウェーバーの「支配の社会学」。出版元の創文社が20年までに解散を表明しているとの記述に接し、あわてて支配の社会学1・2と支配の諸類型を発注。一万円超えのアカデミック単行本三冊の投資だ。

 ふたつめの社員のコミットメントは、ジェームズ・アベグレンが看破した三種の神器のうち“ライフタイム・コミットメント”に関わる議論だ。加護野先生の師である占部キ美先生が苦肉の策で終身雇用と翻訳したが、そのニュアンスはその訳では正確ではない。強いて言うならば、当事者が生涯を通じてエンゲージメントする英国流に表現するとスチュワードシップ・コードに近い概念になるが、いずれにしてもズバリの日本語は見当たらない。一所懸命をもじって造語するならば“一生捧命”とでも言おうか。

 こちらのタネ本はアルバート・ハーシュマンの「情念の政治経済学」で、ウェーバーと合わせて当分の間、学術的読書に困ることはなさそうだ。加護野先生からの問いは、客観的にコミットメントの状況を説明する議論は数多あるものの、片やコミットする社員の側の主観的意味について深く検討された議論が見当たらないと。

 主観的意味については、それこそしっかりとしたリサーチを伴わないとそれなりの知見は得られないと思われるが、行動経済学的には概ねの仮説を立てることは可能である。私なりの見解は次のようなものだ。

 ありとあらゆる可能性を検討の俎上に上げてベストofベストを追求するに越したことがないのが私たちのキャリアであることは論理的には正しいが、現実的にに全ての可能性を論うことは不可能であるとともに、たとえそれが叶ったとしても膨大な情報処理を施す知的体力的消費と、さらには正しい結論を導くとともに、アクションベースでその結論に沿った結果を引き寄せることができるかどうかとなると、そのプロセスを貫徹して結果を自分のものにすることは天文学的確率になる筈だ。

 そうすると、たまたまご縁があった現状の環境において最大限の努力(それは超長期的に身を捧げることで代替できる)を投入することが、もっとも精神エネルギー効率的にも合理性があると考えられる。つまり、あれこれホッピングするよりも石の上には一生という感覚だ。

 私ごときは、これらの問題をアカデミックに突き詰める能力も時間も持ち合わせてはいないが、門下生の誰かが栗を拾って展望を開くことを期待したい。次は喜寿のお祝いになるが、今年大寒波で飛んでしまった新年同窓会も来年は楽しみにしている。
 2016/11/21 18:25  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/672


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード