« 平時有事と組織個人 | Main | 三国劇場開幕中 »
真の格差是正
 80代後半の高齢者が小学一年生を業務上過失により加害してしまうという痛ましい事故が起こってしまったが、300件近く発生している逆走事案の7割が高齢者と聞かされると、社会システムの限界を感じざるを得ない。

 政治における一票の格差は得票数と当落が逆転することが民主主義的に望ましくない結果であると考えて、被選挙人ひとりあたりの有権者数もしくは有権者ひとりあたりの被選挙人数が問題とされる。ただし、候補者の員数や当選数、競争状況(独走or均衡)など複数の変数が絡むので、事前にどのような配分が公平なのかを一概に特定することは困難で、判例や報道に接してもよくわからないというのが私たちの実感である。

 18歳まで選挙年齢が引き下げられて、もうひとつの格差問題が浮上してくる。18歳にとって今後の社会の有り様は、今後半世紀以上にわたって自身の人生に直結する極めて長期的利害関係を有している。

 その一方で平均余命が10年に満たない高齢者にも短期間ではあるが、諸政策がどちらにどう振られるかによって有終の美を飾ることができるかどうかの大きな利害を孕んでいる。最大多数の最大幸福を追求する功利主義はマイケル・サンデルの白熱教室をきっかけに勉強された方も少なくないだろう。

 ただし、功利主義は共時的空間に限定して員数を問題にする点において限定的解釈をせざるを得ない。通時的に時間軸も配慮した幸福の総量はその視野に入っていない。とはいえ経験する自己と記憶する自己の違いは認知バイアスの大きなテーマの一つなので、どの時点で何を基準に幸福度を主観的客観的に推し測り得るのか、考え方は無数に存在する。

 一票の格差に時間軸を反映させるならば、選挙人の現在年齢に平均余命をウェイトとして掛けることが選択肢になる。対して、社会的経験値の大小でそのウェイトは相殺されるのではないか、社会的経験値の蓄積スピードは漸減するとともにある時点を頂点に衰え始めるのではないかなど議論百出となるであろうことは容易に想像できる。

 本川達雄氏の「生物学的文明論」における次世代支援論を改めて参照されたい。あわせて松谷明彦氏の「人工減少経済の新しい公式」も再度推しておく。いずれの主張も真実を衝いていると私には思えるのだが、現在の既得権益者たちにとっては不都合な議論が満載なので決してメジャーにはることはない議論である。

 その昔我が国には「隠居」や「家督を譲る」文化と慣習があった。化石燃料をガンガン燃やして本来50歳程度の寿命しかなかった人間を30年以上も長生きさせてしまう現在において、生物学的余生(余分な人生という意味)を社会的にどう扱うのかが問われている。

 隠居には他者や社会にオフィシャルには関わらないという意味があり、家督を譲るのは次世代に財産も含めて全てを託すという美しい線引きとバトンタッチであった。ずるずると中途半端な社会活動を継続して、地球資源の無駄遣いだけでなく次世代の未来に負の影響を及ぼしている場合ではない。

 55歳はマインド定年に過ぎないとして今年スルーした私であるが、数年後の隠居に向けて精神面、環境面といろんな準備が必要だと思い知らされる。

 2016/10/31 10:53  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/667


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード