« 意識と無意識 | Main | 平時有事と組織個人 »
けっぱれ経営者
 53歳で大きな星がその輝きを停止した。ラグビー界にとっても我が国にとってもその損失は大きい。けれども、神様は役に立つ優秀な人ほど…と言ってはならない。確率は平等に分散しており、私たちは優秀で社会的影響力のある人々の訃報に触れる機会が多いだけで、認知バイアスで言うところの「見たものが全て」という錯誤に過ぎない。

 彼は類い希なプレーヤーであっただけでなく、哲学と論理にも長けており、それを書き表す力、他人に伝達する力にも優れた不世出とまでは言わないにしても、間違いなくシックス・シグマレベルの人材であったと考えると、残念で仕方がない。その一方で、確率的にたまたま長生きを全うして、過去の実績や功績を汚しかねない政治家や財界人にも困ったものだ。

 三菱自動車を兼任することになったカルロス・ゴーンは一定の結果を出してくれる期待値が高いが、あくまでも結果はランダム・ウオークである。それでもゴーン氏には、哲学とロジックが感じられるので結果に繋がる確率は決して低くないと期待することはできる。残念ながら結果の蓋然性を全く期待することができない打ち手は世の中に溢れかえっている。

 汐留の巨大ビルディングが22時を堺に真っ暗になるが、この事例などその最たるものだ。会社としてこの問題に真摯に取り組もうとしている姿勢を示すという意味で広報的には有意な施策であるが、問題解決ロジック的にはどうなんだろうな?と疑問を持たざるを得ない。

 そもそも過労死とは、業務上の精神的肉体的過剰圧力を原因とするが、私たちが客観的に認識して認定することができる原因は時間でしかない。炎上した大学教授のようなパラダイムを平気で発言する人がいるのはそのためだ。絶対時間の長短だけは当事者を追い込んだ圧力の高低を説明することはできない。

 過労死というと業務上の不幸な出来事に収斂してしまうが、広義では「いじめ」や「DV」とかなりの共通項をもっていると私は考える。従ってビルの消灯時間を定めるのではなく、いじめ的DV的メカニズムが発現する現象の連鎖とその真の原因を究明することが本来的問題解決に繋がる。そのようなメカニズムを有する内部論理としての組織文化は相当根深いものがあると覚悟して取り組まなければならない。広報的ポーズはとりあえずはよしとして、次に本質的問題解決に切り込めることができるかどうか、経営者の手腕が問われている。

 学校の部活でいじめによる自殺が起こってしまえば、練習停止、試合出場禁止、もっとも極端な事例は廃部である。甲子園でアルファベット二文字の学園を目にすることはもうない。公共ビジネスへの参画や入札は即時停止、他社と競っている案件は全て辞退、その上で仕事を停めて社内で深くこの問題を議論する場と時間を創出するような、そんな経営者が出てきて欲しい。三枝匡の死の谷ロジックでは、全当事者が例外なく共犯者であることを認めることができたところから、ようやく企業再生の第一歩が始まる。

 高校時代、「青春の軌跡」という8o映画で文部大臣賞を受賞する機会があった。私が主将を務めるハンドボール部で起こった暴力事件で、練習停止と試合出場禁止を甘んじて受け入れるだけでなく、文系の生徒や先生方も巻き込んで、まさにそのような場と時間を経て学年の空気感が一新したことを主題にしている。主演ではないが、もちろん私も出演した。

 スクールウォーズの足元にも及ばない作品ではあるが、私たち同窓生にとっては大きな勲章である。偉大なる巨星に合掌。


 2016/10/23 11:30  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/665


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード