« 戦略とのおつきあい | Main | クリエイティブ・セレクター »
ファッションのコモディティ化
トリップ・トラップ事件で工業製品にも著作権が認められた。

 それまでは大量生産される工業製品は意匠権の守備範囲であり、美術や工芸などの創作物とは別物と位置づけられていた。さらには実用的な構成部分と分離できないので著作物とは認められないとされていた。

 最高裁の判例ではないので、今後の動向は予断を許さないが、そうなると洋服も場合によっては著作物になる可能性がある。ファッションがコモディティ化しつつあると言われるが、コモディティとは何か。

 家電業界では白物がコモディティ化し、GEはいち早く撤退し、日本でも大手家電は力を抜いてハイアールや船井電気に主導が移転した経緯がある。ところが、昨今の洗濯機や炊飯器の高付加価値化、高価格化の波と、しかもそれがよく売れているという現実もある。まさに小売の輪理論のメーカー版だ。

 翻ってファッション業界やいかに。かつて、テーラーで仕立てていた背広が既製服として百貨店を席巻したのはコモディティ化ではなかったか。DCブームの最中、大学生が必死でバイトして10万円近いビギやメルローズを買い漁る一方で、郊外型紳士服が急成長したのは高付加価値化とコモディティ化の同時進行だ。

 ヒートテックは付加価値商品と言うこともできるが、発熱素材はそれ以前からあったし、いまとなってはGMSのPBでも当たり前の機能なのでコモディティだ。コモディティの訳としては、普及品、汎用品、日常品、必需品、消耗品、実用品と様々な言葉を充てることができる。意訳すれば、オリジナリティに基づく差別的競争優位性をできない誰でも簡単に大量生産できる工業製品というところか。

 そうすると脱コモディティとは、オリジナリティ(創作性)、他にはない際だった特徴、真似されにくい、規模の経済が働きにくい、人の手がかかっているなどがその要件となる。何だか思い当たる節が満載である。

 さて皆さんは、業界でどのような輪っかが回っていて、現在第何コーナーに差し掛かっているかおわかりだろうか。さらにその中で会社やブランドや店舗の輪っかが複層して回っている。

 データに基づく定量的なアプローチが限界にきているどころか、弊害すら目立ち始めたファッション業界のMDであるが、かかる概念を操作して商品企画と品揃えに反映させる抽象能力が求められている。私たちはメリーゴーランドに乗っているに過ぎない。
 2015/12/09 06:55  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/kitamura/tb_ping/624


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

こんにちは。
意匠権…アパレルではなかなか難しいとされてきた
この商品の意匠権が通ってしまうってどう思われます?

ポイントはブローチらしい…的外れな…

http://ap-story.jp/ap/f.html?md=f04&spc=DCS&id=DC0015203B
Posted by:Sayo  at 2015年12月11日(金) 14:09


プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード