右側の壁
 一週遅れの情報になるが、セブンイレブンの連続増収増益が62ヶ月でストップし、セブン「再スタート」との見出しが躍った。

 前後して、不振の千趣会、脱「衣料」ということで、104億の最終赤字が報道された。ここで頭に浮かぶのは「右側の壁」である。

 IT用語として有名な“ムーアの法則”は、今やICT用語としてカーツワイルの“収穫加速の法則”に置き換えられた。収穫加速の法則は、指数関数的変化を辿る現象において時間的中央値に至るまでの変化率は一次関数にはるかに及ばないにもかかわらず、いざそこを通過して、やがてシンギュラリティ(技術的特異点)をむかえた瞬間、変化はほぼ垂直に近い猛スピードで進行していくことを表している。

 右側の壁とは、競技人口もプレーヤーの鍛錬度も緒に就いたばかりのスポーツにおいて、はじめのうちは見る見る新記録が塗り替えられていくが、
やがて成熟期をむかえると、大幅な記録更新どころか記録を打ち破ることさえ困難になる見えない壁が右側に控えているという法則だ。

 指数関数の収穫加速に対して、対数関数的に収穫がシュリンクして、いずれは頭打ちになるという変化曲線ということになる。

 5万店舗と10兆円を超えたコンビニ業界が、未来永劫伸び続けるわけもないことは自明のことだ。かつて、紙媒体通販しかなかった時代に、ゼネラル通販が割拠する中、ファッションという付加価値を演出して一線を画した千趣会の栄光も過去のものとなったのか。

 140兆円ほどある小売市場が人口現減少経済の下、何年でどれくらいに縮小していくのか予断を許すことはできない。アベノミクスはまやかしのミクロ事象に過ぎず、ユリノミクスにいたっては泡になる前に消えてなくなってしまった。

 太陽には、その寿命あと50億年という科学的にリアルな右側の壁が存在する。当然地球は太陽と運命をともにするほか選択肢はない。その地球上に棲息する人類は、知らないだけで見えないだけで確実に右側の壁に近づきつつある。

 経済もビジネスモデルも着実に右側の壁に向かって漸進しているのだ。漸進は対数関数の後半戦だが、指数関数的に加速する変化は一気に壁に激突するのか、
それとも壁を突き破るほどのパワーがあるのか。

 是非とも見届けたいところではあるが、ICTのシンギュラリティと余命とが追いかけっこになるのが悩ましい。
 2017/11/18 10:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

リーガルマインド
 80年代の若かりし頃、せっかくアパレル業界に入ったのに何故に法務に携わるのか、苦悶の日々を過ごした。

 一般企業においてすら企業法務の開花の時代に、アパレル業界では先駆け的事例であったが、誇りよりも苦悩が先行せざるを得なかったのは、私が未熟であったことを如実に物語っている。今となっては、当時体に染みついたリーガルマインドがどれほどの役に立っていることか、感謝の念でいっぱいだ。

 それから30年強を経た現在でなお、それが多くの企業と企業人に染み込んでいないことを痛感させられることか。

 公法と私法と私人間の契約のプライオリティはわかっているだろうか。契約の成立要件と変更、解除要件は。無過失、過失、重過失の違いは。許可と認可と届け出は。緊急避難と正当防衛は。

 最後は刑法上のマニアレベルであるが、その前に挙げた所々に正しい理解と運用が伴わなければ、ビジネスパーソンとしては素人仕事だねと言われても返す言葉はないと自覚しなければならない。

 想像を絶する猟奇事件が発生したが、契約により自殺を幇助したと言い逃れることはできない。これだけコンプライアンスが叫ばれるようになったにもかかわらず、日産、スバル、神戸製鋼と法的不祥事が後を絶たないのはどういうことか。その前には、東芝、ディーエヌエー、海外に目をむけるとエンロンetc.

 パラダイス文書がどれほどの個人と企業を白日のもとにさらすのか目が離せないが、違法と脱法の区別ができている人々がどれほどいるのだろうか。前者は法的処罰の対象になり、後者は倫理的批判にさらされることになる。

 もともとアパレルウェブの千金楽社長とは、脇が甘いアパレル業界に渇をいれるようなブログにしようとの趣旨でスタートしてちょうど10年のアニバーサリーを迎えた。

 10年が経過して進化どころか退化しつつあるかにみえるアパレル業界のみならず企業および社会全般のトレンドは何を物語っているのだろうか。

 働き方改革という政府のプロパガンダに踊らされ労働現場の疲弊は甚だしいものが否めない。労働諸法で真綿で首を締め上げられて、違法、脱法行為の地雷を自ら踏みつけて、下半身上半身ともズタボロになっていく企業活動の未来は決して楽観視できない。
 2017/11/06 09:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

伊丹パニック
 修学旅行たけなわのシーズンで伊丹空港周辺がパニクっている。

 いまどきの高校生の修学旅行は航空機利用はごく当たり前になっているようだ。それはそれで何の問題もないが、迎えの車の洪水には困ったものだと言わざるを得ない。

 当該家族にとっては滅多にない一大イベントであり、子供たちに復路の苦労をさせたくない親心もわからないでもないが、毎週のように日常的に空港を利用している私たちからすると辟易の対象にしか映らない。

 折しも、伊丹空港は改修工事のまっただ中にあり、普段は四車線ある周回道路が部分的には二車線に狭まっているところにお迎えの車の両端駐車である。パトカーも出動して赤灯は回しているものの、駐禁に問う要件は整わないことから大渋滞を目の当たりにしながらも手も足も出すことができない。

 昨日も空港の駐車場から出て巡航速度に乗るまでに20分ほどを有するというストレスに遭遇させられた。毎週の日常であるホームの私たちと、晴れのイベントであるアウェイのビジターとのせめぎ合いだ。私の家庭の流儀は、自力で勝手に帰ってこいである。

 白熱教室で一般の人々にも浸透した“功利主義”をどのように解釈して運用するのか、その幅と判断基準には悩ましいものがある。個々人の利権と公共の福祉をどう両立させるかは、公法と私法のバランスのもっともプリミティブな入口の議論だ。わたくしの利益が公共を害している。公共の福祉がわたくしの利益を圧迫している。これは弁証法を用いても、そう簡単には出口が見つからない永遠の課題であるとも言える。
 
 私人と公人の境目を行ったり来たりするのが、私たち人間の宿命か?ニーチェが「超人」という概念を持ち込んだ動機と意図がわからないでもない年齢に達したのは、死期もそう遠くないということ?(笑)

 週末、首都東京でパニックは起こらねばよいが…。
 2017/11/03 18:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

諸刃の剣
 11月の声を聞き、ファッション業界の逆風も向きが変わり始める兆候が感じられ、一息つけるといいなと思う。

 そんな折、ネット社会につきまとうリスクを痛烈に感じさせられる出来事が三件相次いだ。

 ツイッターを通じて知り合うことをきっかけに犯罪に巻き込まれてしまう。自分の内面に去来するけれど、自分だけでは決めかねている未熟性の思いをツイートすることで、悪魔のようなハンターに捕獲されてしまう。

 創業者とのツイッター合戦で舌戦に敗れて離党した議員。これは世間に向けてプレゼンスを誇示したいがための発言が、当事者の個人の内面に深く刺さり込んで、大きな傷を与えてしまった事例だ。

 オフレコの意味と扱い方を決して正しく理解できていない発信者もメディアも少なからずいるので嘆かわしい。記録しない、報道しないというのは表面的形式的定義に過ぎず、本来は、必ずしも決めてはいないものの胸の内を駆け巡る衝動的思いや複数のオプションも含めて披露するので背景や情勢を把握する一助とされたい、というニュアンスまで含まれる。
つまりオフレコには、意思決定の材料や公表の選択肢を共有することでより相互理解を深める機能も包含されているのだ。

 そこから考えると、前者はオフレコ情報が不特定多数に開示されてしまうことで犯罪者による悪用に結びつくメカニズムが働き、後者は不特定多数の大衆に向けてのオンレコ情報が
特定の個人を潰すことに繋がったと解することができる。

 SNSはメディアであるということと、記者や編集者を介さず不特定多数に情報発信することの意味とリスクを理解できていないまま拡散してしまった現代社会にはメガトン級の地雷が潜んでいることになる。

 三番目は海賊版へのリーチサイトだ。試算される経済的被害額は4000億円を超えるという。伝統的犯罪の手口にサラミ法というのがあるが、60年代の米国で銀行預金の端数が四捨五入になっているところを切り捨てにして自分の口座に振り込むという事件が実際に発生し、その後映画や書籍などでも取り上げられた。

 現在我が国の金融機関は円未満の金利は全て切り捨てにしているそうだが、本来預貯金者のものがポッポないないでもいいのだろうか。それはさておき、サラミ法は単位当たりの金額は小さくても少しずつ積み上げれば大きな塊になるというチャリンビジネスロジックだ。

 その一方で、ネット上で利用者が爆発的に拡大することで成立したインフレーション型ビジネスとでも言うべきが今回の事例だ。正当なビジネスでそれを実現すれば社会は繁栄するが、犯罪に利用された場合はたちまち莫大な被害が一気に拡散することになる。

 現代社会が抱えている光と闇を間違えることなく正しくハンドリングする知識と倫理が強く求められている。
 2017/11/01 09:09  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

勝負と試合
 勝負には勝っていたが、試合には負けた。その逆で、勝負に負けてたにもかかわらず、試合には勝った。皆さんも何度か耳にしたことがあるはずのパラドクスだ。

 前の週末はこのパラドクスのダブルヘッダーであった。

 ボクシングはとても爽やかな結果に終わったかに見えているが、元チャンピオンのコメントからは微妙なニュアンスが伝わってきた。故障による調整不足から延期も視野にいれたかったが、トリプル戦なので踏み切れなかった…という趣旨のトーンが感じられた。

 興行的にはトリプル戦は大成功をおさめたであろうことが想像されるが、ベストコンディションで勝負に臨めなかった可能性もある敗者の姿勢とコメントが爽やかさにさらに色を添えて天晴れだった。

 選挙という試合に勝たない限り主義主張のつばぜり合いを行う勝負の表舞台に打って出ることができない職業はパラドクスを内在している。試合に勝たんがための勝負の放棄に多くの有権者は白けさせられた。引き続きの政権に野党がどのような勝負を仕掛けることができるのか、期待を託せる党が一党だけでもあることがせめてもの救いか。

 さて、足元で進行中のプロ野球の頂上決戦であるが、勝負にも試合にもなりそうもない第一戦であった。機構側の興行的には今のシステムはベストなのだろうが、本当の勝負を楽しみたいファンの興味に十分に応えることができているだろうか?

 企業にもこのパラドクスは重くのしかかる。利益を出すことを試合に勝つことと前提におけば、いくら社会的好感度の高い活動内容で評価を受けたとしても、利益に繋がらない限り存続は担保されない。えげつない勝負に打って出て利益を出しても、違法でない限りは社会的に葬り去られる可能性は低い。

 勝負にも試合にも負けることは論外であるが、その両方に勝つことは美しいが難しい。
 2017/10/29 09:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

北村 禎宏(きたむら さだひろ)
ファッションビジネスコンサルタント
アパレル企業での実務経験とMBAの経営理論を融合させ、クライアントの問題解決やアドバイザリー機能を提供。
「アナログ」と「デジタル」、「実践」と「理論」のハイブリッド型コンサルティング活動を実践するとともに、教育・研修事業も鋭意展開中。

北村禎宏 プロフィール
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
Sayo
ファッションのコモディティ化 (2015年12月11日)
冨田さより
すごい学生がいたもんだ (2015年08月09日)
しの
日本人の忘れもの (2013年02月11日)
nobu
やっぱやられた (2012年10月24日)
北村禎宏
ダイバーシティにて (2012年05月24日)
最新トラックバック

http://apalog.com/kitamura/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード