« 前へ | Main | 次へ »
matohuとウール
 このところ秋冬向けのコレクションではウールの存在がとても気になります。
 トレンドしてのウール、新しい加工が施されたウール、ウールらしくないウール、ウールの様な他の素材など。
 伝統的な役割を幾つも背負っているウールは、最近その殻を破り新しい表情を見せているからです。
 同時にここにきて気になるのは新しい時代のウール、ウールらしいウール、ウールのステイタスがどのように守られているかということです。
 Matofu(マトフ、デザイナーは堀畑裕之氏 関口真希子氏)では心打たれるウール素材のアイテムに出会いました。
 温かみ、和み、気品、美しさ、身体に沿ってできる柔らかな揺れ、華やかさを感じさせながらもシックで落ち着いた色合いなど。
 勿論これらには最新の技術が施され軽さやドレープ、適度なハリ感も備わっています。
 他の素材との自然なマッチングも見られました。
 テーマは「おぼろ」。
“日本の眼”シリーズの13回目として取り上げられました。
 ランウエイで扱われた素材はウールのみならず、会場に漂う霧の様な靄のような薄い煙の中で少しぼんやりと見えることが「おぼろ月夜」を思わせ、春と秋が交差するような表現に感じられました。
 写真は薄暗い靄の中からのため文字通り「おぼろ」になりました。




 詳しくはホームページをご覧ください。http://www.matohu.com/
 2016/03/30 19:52  この記事のURL  / 

Premiere Vision 2017 S/S 5
ニットウエア ソリューション(Hall 6 Knitwear Focus)




 春夏シーズンのニットは軽やか、カラフル感の中にも編み地の変化や表面の繊細さをうたったり、インターシャやジャカードでモダンで大胆なモチーフを楽しむものが多く見られました。
 様々な方法で施され、編みあげられたステッチワークがテーマです。
 ポイントは
・交差したような形状。封筒の様な形。
・交錯させたようなステッチ効果。セーター、ジャケット、ドレスなどに身体を包み込むような交叉。
・自在に横切るライン。様々なリブニット。ジャージーはきちんとしたものからルーズなものまで。変化を作り出すストライプ。

 糸は麻、細番手のウール、綿/麻の強撚、撚糸によるシボ感のあるものが多く提案されていました。
 これらがシーズンを反映して軽く透けていたり、薄くてしなやかな編み地や風になびくようなシルエットに落し込まれ夏のニットの存在感を示していました。

 写真はニットウエアフォーカスのフォーラムからのものです。










 2016/03/25 17:51  この記事のURL  / 

Premiere Vision 2017 S/S 4 スタイリング
スタイリング



 スタイルフォーカス(Hall 5)ではトレンド素材とマッチングさせたスタイリングの提案が行われていました。
 基本的には三つのテーマに添い素材が提案されていますが、見る人には様々なバリエーションとイメージの広がる見ごたえのあるFOCUSコーナーでした。
 レディスに向けて発表された6体の様子をお知らせします。



Rudimentary Refinement 原始的ともいえる洗練性





・透明感を身にまとう
 透明感があり薄くて軽い素材





・シンプルを更に強調したドレス
 非常にシンプルな二枚の長方形の布をたゆませたりギャザーを寄せたり結んだりして優雅に装う。麻、コットンなど。






Gently Irreverent 穏やかな非礼





・コーディネートされていない楽しさ。機能的でリラックスしたフェミニンを楽しむ。
 軽いジャージーや流動的なクレポン、グラフィカルやポップ調。





・アンバランスの魅力を掻き立てる。“cubist”(立体派)スカートに注目。
 色々なストライプを組み合わせる、コントラスト、アシメトリー、イレギュラーなどがポイント。
 先染め、プリント、シャツ向けコットン、毎日着られるシルク。





Experimental Romanticism 実験的ロマンチシズム





・水着やスポーツウエアの要素をイブニングに取り込む。
 ダイビングやスポーツウエア向け素材をドレッシーに装う。
 伸縮性のあるクレープやシルク、厚手のエラスティック素材。





・ナイーブさを元気よく表現。フリースにレースをあしらう、超ミニを楽しむ。
 フリルやオープンワーク、アイレットの刺繍。
 この上なく柔らかなフリース、テリークロスやプラスティックとレースを組み合わせるなどハイパーフェミニンに。


 2016/03/19 15:22  この記事のURL  / 

Premiere Vision 2017S/S 3 Design
 これまでINDIGOといわれていたプリントや様々な柄(モチーフ)をまとめた展示が、前回からPremiere Vision Designsに改められパワフルに提案されています。
 今シーズンのテーマは「Borderlines(ボーダーライン)」。
 水平線、地平線から鉛筆で描くライン(線)、その極端なまでの端っ子(エッジ)にテーマを乗せてモチーフを考えます。
 自然の優しさ、厳しさ、奇怪さ、大胆、神秘などと人工的科学の世界、グラフィック、ぼかし、心霊性、ユーモア、アニメーションタッチなど、日常の身近な事柄から忘れていた自然界、身体、頭脳、コンピューターなどなど。
 予想もしなかった正反対の事柄を同時に楽しめるようになった時代性までも感じることのできるデザインの展開が見られました。
 今回のテーマ「ボーダーライン」は次の方な方向性をうたっています。

 2017年S/Sは楽しく、反対などものともしない分裂的なやり方で、ギリギリなところでプレイしましょう。
 ラインにスポットライトを当て、色使いとともに賑々しく演出します。
 プロポーションを整え、実験のための扉を開けます。
 そこで起きたものを読み取り重ねて行って、冒険をしましょう。
 少し風変わりなキャラクターに出会い、更に詳しく奇妙な物語や現代の神話を再発見し果てしない想像を引き出します。
 印象に残るメッセージのハイライトは、装飾性、明快にしたり隠したり、見せびらかせたり、規則正しいリズムを楽しんだり、最後にサプライズともいえる驚きの場所に落し込むことです。
 少々臆病でも、曲がりくねっていても、滑り板に乗っていても、その動きを実感することでクラシックに新しい魂を持った再解釈がなされるでしょう。
 たとえそれが虫に刺されたような皮肉だったとしても気鋭溢れるハッピーでカジュアルなシーズンを作り出してくれます。
 率直な断言や価値のある躊躇をすることが2017年S/Sの不整脈のバランスをとるような巧妙な方法かもしれません。
 ボーダーのエッヂはstrange(奇妙な)、normal(ノーマルな)、impertinence (無礼)、Control (コントロール)、line (ライン)の五つのテーマに置かれています。
 会場内のForumでも沢山のプリント柄が重複して見られました。




















詳しい情報はwww.premierevision.com/fashion をご覧ください。

 2016/03/06 21:21  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ