« 前へ | Main | 次へ »
年末に見る春
 2015年もあと数日となりました。
 モノつくりは市場の流れ、消費者の変化、業界の構造的変容などと絡み合ってこの一年でも大きく変わりました。
 洋服作りの基本である素材もテクノロジーが施され表情もタッチも重さにも変化が起きています。
 機能性に代表されるようにテキスタイルを見ただけでは判らない付加価値ですが、同時に着てみてしか得られない感動もなかなかなものです。
 モノつくりの中で進化し続けてきた技も、この辺でちょっと立ち止まって産地や機場の職人芸やフェイク(レザーやファーなど)の奥の深さ、これらの素材を使ったデザイナーの思いや知恵を考えてみる必要がありそうです。
 スポーツの存在感、クラシックテーストのモダンさ、ジーンズを軸にした幅の広いカジュアルなど、ラグじゃリーを頂点とした新しいファッションツリーが出来上がるのではないでしょうか。
 来年は消費者と販売や店頭、商品、更にモノつくりのよりよいリレーションが生まれますように。
 年末のウィンドウに少し明るい春の光りを見つけました。









 2015/12/29 22:14  この記事のURL  / 

新春に向かうウィンドウ
 12月はクリスマスの装飾とともに新しい歳に向けてのプレゼンテーションが始まります。
 比較的暖かいといわれる今年の冬のせいか、防寒ものと共にホリデーの装いは何時になく春物の様相を呈しています。
 春といえばかつては淡いパステルカラーや綿や麻、シルクなど一気に季節が進み、12月、1月の実際の気候とはかけ離れた感がありました。
 モードとライフスタイルの関係が進化するにつけて店頭と季節感にも大きな変化が起こり新しいプレゼンテーションが行われるようになりました。
 今12月はモダンで優雅、オーセンティックなものを黒、白、グレーで表現しているウィンドウがとても新鮮です。
 黒がこれほど爽やかで素材を問わず他の色を迎えてくれる存在であることを改めて気づかせてくれました。
 春のステージの幕開けです!










 2015/12/23 12:41  この記事のURL  / 

コートウォッチング 2 カラー
 12月第1週の土曜日、ショッピングモールでのコートの着用状況は前回お知らせしましたが、色にも変化がありました。
 13:00から13:20の20分間で対象になった約200人のコート、ジャケットの色について簡単にまとめました。
 ベーシックなデザインが多いだけにシンプルなカラーが主流ですが、ミックス感、多色使いではプリントや先染めが見られました。
 全体ではグレーがライトからダークまで圧倒的に多く、次いでキャメルの増加が見られました。
 トップ染めやウール、ニットなどに良く合う色でもあります。
 紺の定着、黒の作り出す高級感、思い切って赤、などが改めて気になりました。
 トレンドとして出ている微妙なミックス感、グレーの混じったニュアンスのある色、曖昧な色も市場でも見慣れた色となりました。
 200人の内訳はおよそ次の通りです。

キャメル(ベージュから薄い茶)  32

グレー                 52
 (ライトグレー            20)
 (パープル混            8)
 (ダークグレー           24)

黒                   22

紺                   28

ブルー                 5

濃茶                  9

カーキ                 15

白                    7

赤                    4

モウブ系                7

柄物(先染め調)          10

プリント                 9

 暖冬が予想されていますが、寒さが増す日々ではダウンや毛皮が多く見られるかもしれません。
 コートウォッチングはまだ続きそうです。






















 2015/12/18 23:28  この記事のURL  / 

12月のコート・ジャケット
 師走となりましたが好天に恵まれた土曜日、恒例にしているアウター(コート、ジャケット)の定点調査をおこないました。
 場所は関西の閑静な住宅街に隣接した業績好調のショッピングモールです。
 日常生活の中で必要とされるものに基準を置いたセレクトが広い層の顧客を集めていますが、ファッション感度の高い店と見受けられます。
 学生、キャリア、ファミリー、熟年層のいずれもが満足できることで、モールの役割を見事に果たしているようです。

 昨年まで多かったモンクレータイプの高級ダウンが少し落ち着きをみせ、ポリエステルに織り地のプリントを施したダウンジャケットやベスト、デザイン性のあるファンシーなものに代わりました。
 一番の変化はウール素材の増加です。
 比較的若い層を中心に新しい一着はウールというところでしょう。
 中でもトグル釦が特徴のダッフルはフードなしを含め丈に変化を持たせて沢山の着用を見ました。
 市場で新たに仕掛けられたコーディガンはニットジャケットやロングカーディガンとの見分けがつきにくいのですが、ヒップが隠れるくらいの丈を目安に今後ミセスの間にひろがりそうです。
 チェスターフィールドコートはコートの定番の一つですがきちんとした装いであること、普通丈という着こなしのせいかカジュアルの中では今後に期待がかかります。











 2015/12/15 01:57  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ