« 前へ | Main | 次へ »
尾州素材展(BISHU MATERIAL EXIBITION)2 2016 S/S
 今シーズンは開発素材が約160点、製品によるプレゼンテーションが15スタイル発表されました。
 各テーマで発表された素材の中から注目したものをご紹介します。





YACHTING ヨッティング
'30年代の陽気なシックさ。スポーツやマリン
キーワード:船 海水浴 明快で簡潔 率直 正直
カラー:ネービーブルー 赤 ボルドー 白 黒


・ファンシースラブジャカード (株) ヒラノ C30/E33/N15/R17/An5



・綿麻三重織り ファインテキスタイル(株) C70/L30



・異組織リバーシブル 日本エース(株) C97/E2/Pu4



・ギマオックスベイン 長大(株) C100



・ツーウエィストレッチ 長大(株) W96/Pu4



・ウーリーレノカノコ 林実業(株) W79/E21(膨らみ感のあるカラミ)



・マスターシードコットン 三星毛糸(株) C100 柔らかさとハリのあるカノコ



・フィラメントコンパクトストレッチ (株)ソトージェイティック R50/C45/Pu5



・ウールサッカー 虫文毛織(株) W98/Pu2 膨らみ感





EDEN エデン
失われた楽園を求める心と身体のエネルギー ツィードから麻がらみ サッカーまで
キーワード:瞑想 断食 幸福感 植物 鉱物
カラー:太陽や空のように明るい色調 ピンク オレンジ ライトイエロー ブルー 白 シルバー 


・リボーンKAMI(紙) みずほ興業(株)C100 パリパリ感が新鮮



・カラミストライプ 中伝毛織(株) Cu60/E40



パズル柄ふくれジャカード (株)ソトージェイティック C83/E17



・ライトジャカードダンボール (株)ソトージェイティック C81/E17/N2



・ビッグ千鳥ジャカード (株)ヒラノ E38/R36/An25/Pu1



・コットンツーウェイサッカー 虫文毛織(株) C98/Pu2





WONDERING ワンダリング
放浪の旅 洗練されたボヘミアンテイスト
キーワード:自身の道 空想家 探検 異種混合
カラー:インディゴブルー ブロンズ 皮 木 土色


・シルクシャンブレー 三星毛糸(株) C55/S45



・コットンギマビッグチェック 岩田健毛織(株) C100



・リネン二重ツィル 西川毛織(株) L100



・スペックデニム 渡六毛織(株) L65/E33/Pu2



・ビッグパネルボーダー 渡六毛織(株) C81/R13/E6
 2015/05/27 23:30  この記事のURL  / 

尾州素材展(BISHU MATERIAL EXIBITION) 2016 S/S
 冬はウール、夏は麻素材とそのミックスによる開発に定評のあった尾州産地ですが、来春夏に向けての新素材はキュプラ、トリアセ、シルク、モヘア、コットンなどの天然素材の新しい表現が沢山見られました。
 膨らみ感があって軽い三層素材、カラミ、ドビー織り、ジャカードが表情豊かに展開されました。
 糸の伸縮性の差でできる凸凹感、ウールサッカーやファンシーツィードも本領発揮の感があります。
 何時も期待の高いニットは様々な加工を施し、ニットファブリックとして大きなシェアを持っています。
 テーマは「YACHTING」「EDEN」「WANDERING」の三つ。
 気になる素材をご紹介します。

YACHTING ヨッティング
'30年代の陽気なシックさ
スポーツやマリン

キーワード:船 海水浴 明快で簡潔 率直 正直
カラー:ネービーブルー、赤、ボルドー、白、黒



※クリックで拡大










EDEN エデン
失われた楽園を求める心と身体のエネルギー 
ツィードから麻がらみ
サッカーまで

キーワード:瞑想 断食 幸福感 植物 鉱物
カラー:太陽や空のように明るい色調 ピンク オレンジ ライトイエロー ブルー 白 シルバー
 


※クリックで拡大










WONDERING ワンダリング
放浪の旅
洗練されたボヘミアンテイスト

キーワード:自身の道 空想家 探検 異種混合
カラー:インディゴブルー ブロンズ 皮 木 土色



※クリックで拡大







次回は各社の素材をご紹介します。
 2015/05/25 23:12  この記事のURL  / 

Premiere Vision 2016 S/S 日本からの出展社 3
宇仁繊維(株)
 市場の売れ筋を的確に把握しリスクを貼って生産する、というコンバータとしての役割を見事に果たしている宇仁繊維(株)(大阪市)はPVでも現実のビジネスが実りつつあります。
 リード素材(開発素材)を走らせそれに続く価格競争のあるものを追従させるというやり方が欧米のユーザーにも認知されるようになりました。
 今回のブースで人気のあったのはメッシュのシリーズです。
 スポーティーでカジュアルなイメージの強いメッシュに柄を組み込んだり、ボンディングで張り合わせたものをオパールで抜く、オーガンジーと組み合わせる、ストレッチ性や光沢感でオチ感や光りの変化を楽しむ、など今までのメッシュのイメージを逸脱したものまで幅広く展開しています。










小松精錬(株)
 仕上げ加工のテクノロジーでは世界のトップクラスと定評のある小松精錬(株)(石川県)では、スポーツは勿論のこと中肉のアウター向けや薄くて軽い婦人のコートやドレスにも対応できる素材をそろえています。
 根強い人気の形状記憶はN/Pの割繊糸使いで約30%縮ませたコンパクト感が魅力です。







 超軽量三層のスポーツタイプはN100%の薄手素材に中ウレタンコーティング、裏はポリエステルタフタを使いますが、ランニングやゴルフ向けの優れた機能素材です。婦人コートなどのアウター用には表にコットンを使ったものもあります。





 人気のラッセルメッシュもふかふか感の面白さから手持ち感のある優しい素材が登場しました。
 P100%で厚くても軽量であること、表面に変化を持たせたり透け感を楽しむ提案もしています。





 2015/05/16 02:49  この記事のURL  / 

PremiereVision 2016 S/S 日本からの出展社  2
 シルクや合繊を得意とする日本の素材作りは、限られた資源の天然繊維と石油から作る合繊の両方に大きな開発力が見られます。
 絹を目標に作られたともいわれるポリエステルですが、現代の繊維の中では機能性や美しさ、更に天然繊維には見られないフューチャーリスティック(未来を思わせるような)素材にまで発展しています。
 絹の根強い人気と絹を超える素材への挑戦を続けている「坪由」と、コンテンポラリー・テクニックブースに参加した「天池テキスタイルカンパニー」の新素材をご紹介いたします。


坪由織物(株) (福井県)
 シルクをモダンに、と言えば最高の力を発揮する坪由(株)は欧米のメゾンからもひきの多いファクトリーです。
 今シーズンの注目は「メタリック・シルク」。
 箔の様な表面感、適度な手持ち感、シルクとナイロンまたはコットンとナイロンの複合、これに撥水やチンツ加工を施し、コートまで対応できます。
 シルクを中心にナイロンや綿をミックスし、軽さ、光り感、ツヤ、高級感を徹底的に追求したこだわりのあるシルク素材です。
 それにしても坪田社長が無類の猫好きだって知ってました?











天池合繊(株) (石川県)
 7デニールのポリエステル糸を使った「天女の羽衣」が世に出て9年が過ぎました。
 すでに5デニール糸も開発され、「スーパーオーガンザ」のブランドのもとにポリエステルとナイロンの複合やプリント加工もおこなわれるようになりました。
 チタンのコーティングは微妙な光り具合が特徴。
 裏表のない手刺繍の加賀刺繍を施したもの、銀箔を両面に置いたプリントは銀特有の黒ずみが起きないことや水洗いもできるという機能も付加されています。
 透け感と色のマッチングが美しいグラデーションなど世界の殆どのビッグブランドの目に止まり、日本の技術と伝統工芸、そしてハイテクを誇る素材として注目されています。











 2015/05/10 15:16  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ