« 前へ | Main | 次へ »
Premiere Vision 2016 S/S 4 Style Focus スタイルフォーカス
 ここ数シーズンのPVでは素材の最終用途としてのスタイルの提案をしています。
 Forumの三つのテーマに沿ってはいますが、プレゼンテーションはHall 5 に設けられた「STYLE FOCUS」にまとめられていました。
 どのスタイリングにも動きがあり表情豊かで、そのイメージを具現化するような素材がきちんと示されていました。
 アパレルのデザイナーやMDから高い評価も聞こえてきました。
 メンズを含む全12スタイルですがその中のレディスの7スタイルと素材をご紹介します。





1)A Blast of Sports スポーツの風を取り入れる。
 ストレッチがきき、フィット感あふれるスポーツテーストをフェミニンに、アスレチックなカットやスポーツウエアのフィニッシュでシックに表現する。
 ストレッチシルク、アスレティックな流動感のあるもの、スポーティなメッシュなど。




※クリックで拡大

※クリックで拡大

※クリックで拡大


2)Dressy and Fleshy ドレッシーでフレッシュ
 レッドカーペットを歩くネオプレーンなドレスのイメージ。テクノロジーがノーブルになってスポーツとクチュールのハイブリッドを作り出す。
 身体の線をしなやかにつくり上げる。




※クリックで拡大

※クリックで拡大


3)Exterior Transparency この上なく透明
 コート、パーカー、ダスターをウルトラシックにつくり上げる究極の透け感。
 カラフルで次第に消えていくような透けるシルエット。
 デリケートレースやオープンワーク、ガーゼ、カットヤーンの穴あきなど。




※クリックで拡大



※クリックで拡大

※クリックで拡大


4)Bubbly All-in Decoration バブリーなデコレーション
 都会の様な海辺を思わせるはじけるように楽しい盛夏のガーメント。
 セクシーでチャーミングなショート丈。ラップスタイル、ベルトを締める。
 伸縮自在、花、果実、刺繍などがキーワード。




※クリックで拡大

※クリックで拡大


5)XXLight-XXLong とても軽く-とても長いシルエット
 軽量でボリューム感があり、咲き誇る花をまとうような形のドレス。
 コットンサテンやリネン、シルク、目の細かなネットなどを重ねたり組み合わせる。
 後染めとデリケートな先染めの糸がシンプルとファンタジーを共存させる。




※クリックで拡大


6)Straight-Line Dresses ストレートラインのドレス
 少し強さもありボディをちらりと見せる長くほっそりしたシルエットは、やや厳格なフェミニンさの表現。
 デニムやハウスリネン、ブロックニット、コーティングを施したものなど。




※クリックで拡大

※クリックで拡大

※クリックで拡大

※クリックで拡大


7)Refined Raws 生のままの未加工を洗練させる
 プリミティブな衣類(原型のような洋服)、東洋の格闘技からヒントを得る。
 構築的で包み込むようなデザイン。
 ラスティックなニット。ラフィアや合繊。装飾性の高いファンタジックな素材と、プレーンなテクスチュア。
 これらのコントラストを楽しむ。




※クリックで拡大

※クリックで拡大

※クリックで拡大


   PV Fabric Style Focusのフォーラムより 撮影 北川美智子
 2015/02/25 22:56  この記事のURL  / 

Premiere Vision 2016 S/S 3 Forum の提案とテーマ
 P/V Fabric 展の情報発信の中心は6号館の「The Forum + Film」です。
 前回まではGeneral Forum とほぼ同じ方法で三つのテーマでくくられています。


IN MOTION(モーション 躍動感)    
 力強さと安寧のハーモニー。
 自然に身体についてくるしなやかで丸みのあるシルエット。
 落ち着きとバイタリティをもってますます身近になるスポーツスピリット。
 ストレッチ、膨らみ、流動感、柔らかさ、人工的なみずみずしさなどのテクニカル素材に熱い注目。
 3Dカットによる新しいアスレチックウエア。
 心地よさ、ダイナミック、そして美しさのバランス。


・Pneumatically Raised 畝のあるフクレ 中綿風 軽い




・Softened Angles 柔らかくなってはいるが丈夫 厚手


・Flattened 動きのある大柄






・Expanded Structures






・Wordless Stories ポップなモチーフ






・Pulpy Flexibility ダンボール風




・Fleshy Elasticity  超ストレッチ ダブルフェイス 合繊 サテン 膨らみ


・Souplesse Mobile






・Compressed コットンギャバ サテンからピケ、ハニカムまで


・Secret Fantasy 細かな織り地 バーズアイ 刺繍


・Invisible Details ギンガムからジャカードまで



IN ABUNDANCE (アバンダンス 豊富)
 密集 空気で包まれたような 浮かんでいるような 折り重なっているような感覚がボディを包む。
 透け感 レイヤード 装飾性 ボリューム感など
 ドレスアップもノンシャランも 膨らみも 未来志向も
 シティウエアもレッドカーペット向けにも
 ロングもショートも 紳士服の影響も
 詩的でありファンタジック


・Free as Air 空気のように自由に 薄手も厚手も


・Spontaneous Outlines 大花プリント 二重織り レース風






・Petal Fineness 繊細かつ複雑なレース




・Delicately Dishevelled 繊細な毛足のあるもの


・Overflowing Blooms 花柄プリント様々




・Botanical proliferation ゴースやチュールに刺繍


・Teeming ツィードやキルティング チュール レースに小花 透け 厚み プリント チェック ピクセル柄










IN ESSENCE (エッセンス 本質)
 シンプルでエレメンタリー(基本的な)カットが素材の豊かさを引きだす
 ミニマルなハイブリッドがスポーツウエアとクチュールのラグジュアリーをつなげる
 厳格とセクシー  ストラクチュア(組織)
 組織のハイタッチを大切にしながらフェイクや両面使いを
 折りたたんだような、包み込むような
 リッチな装飾性に満ちたロング&リーンのシルエット


・Highdesign Rustics




・Mask Beauty






・Fine Vegetal デニム オックス ゴース




・Sensitive Grains オックスのシャツ地 厚手ガーゼ二重織り


・Tasty Nonchalance 厚手 デニム ソフト 二重織り 


・Greedy Duo






・Tamed Rabannas サテン風


・Interior Design


・Decorative Rustics インテリア風


・Chic by the Square しっかりしたインテリア用素材


・Rigorously Relaxed 柔らかい ザックリ 太いメッシュ



 三テーマには共通する素材も多くありますが、風合い、表面効果、ダブルフェイス、ストレッチなど、色使い、光沢透け感も加わりそれぞれに微妙な違いが印象に残りました。
 2015/02/23 16:48  この記事のURL  / 

P/V 2016 S/S 2 概要
 六つの部門を統合し Premiere Vision Paris としたPV展が新たなスタートを切りました。
 扱う内容は同じ分野で、皮革(Leather)、副資材(Accessories)、糸(Yarns)、プリント(Designs)、生産(Manufacturing)に分かれますが、中心となる素材は Premiere Vision Fabrics となりました。
 2016年S/Sに向けた素材の主旨は次の通りです。

・自由闊達に語り創造性に富んだサプライズいっぱいのシーズン。
・豊富なアイディアを交換しあい共有する。
・偽物か本物か見分けがつかないくらいのリアリティとファンタジーがせめぎ合う。
・質の高い触感、詩的情緒、新鮮でエネルギッシュ、花や果物で溢れる。
・世間のしきたりを取り払いアイデンティティをもつ。
・スポーツ、メンズウエア、カジュアルウエアにしなやかに洗練されたありのままの姿を見出す。
・明るくはじけそうな色でシルエットを完成させる。

 会場には三つのテーマのもと様々なハイブリットによるじっくり味わうミックス効果や
やや抑えた装飾性、優しさや快適性を兼ね備えた美しい機能素材が数多く見られました。

 カラーは先月予測としてお伝えしましたが、23色を三つのグループに分け、ベースと
なる色、支える色、アクセントになる色などの組み合わせをそれぞれ三例挙げています。

※クリックで拡大




 会場内では大きなカラーボードでこれらのカラー提案がなされました。



レディス
1)エレガントでスポーティー 2)ラスティックでハイデザイン 3)フローラルでバブリー

※クリックで拡大



紳士
1)フェイクツインの2色使い 2)ナチュラルとアーバン 3)クール&シック

※クリックで拡大



アクティブスポーツウエア
1)フェイデッドグラフィックス 2)フルーティーエナジー 3)フラワリーアウトドア

※クリックで拡大



カジュアルウエア
1)ロウライト(Raw light-明るい生の色) 2)モノクロームシロップ 3)洗ったようなフレッシュな色

※クリックで拡大



撮影 北川美智子            www.premierevision.com
 2015/02/18 22:59  この記事のURL  / 

JFW-IFF展 2
 先のJFW-IFF展ではファッションアイテムとしての洋服や雑貨とともに限られた資源に対する消費者へのアッピールや流通のあり方に変化や工夫が見られるようになりました。
 これからもファッションは生活に根差したものであり、安心して楽しく幸せに繋がるものを目指すという意味も含まれ、「サスティナブル」「フェアトレード」「トレーサビリティ」「オーガニック」などの言葉もよく耳にするようになりました。
 1月の展示会ではフェアトレードをまとめる「わかちあいプロジェクト」が様々な国からの衣料品、食品、お茶やワインからコスメ、タオル、クレヨンまでの認定を受けた商品が集められました。

 アルパカを扱う「Maite(マイテ)」(株ピッカジャパン)は主産国ペルーの原材料から取り組み、商品のデザインや品質に「愛着」という新しい切り口を提案しています。
 現地のパートナーたちの発展を願い技術を守るフェアトレードが貴重なベビーアルパカなどの有効な活用を生んだといえます。

 中国やベトナムに自社工場を持ちシンプルでナチュラルなテーストにこだわるエイジレスなコンフォートウエアを作る「Relatorois(レラトロワ)」(株アクリシス)はOEMやOEMにも力を入れ、納得のいくトレイサビリティーを行っています。

 自然やナチュラルに切り込むビジネスやモノつくりの新しい業態が、消費者に新たな認識を持たせてくれるようになればよいと願います。

 写真はフェアトレードコットンイニシアティヴ(入江英明氏代表)の周辺のご紹介ブランドです。





 2015/02/08 15:23  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ