« 前へ | Main | 次へ »
プルミエールヴィジョン4
2010年SSの素材について、ジェネラルフォーラムでの発表を独自にまとめました。
4つのくくりで構成されていますが、2テーマずつご紹介いたします。
写真はプレスルームより指示のありましたPVサイトからの転用です。

2010年SS プルミエールヴィジョン
2009年2月10〜13日
於パリ・パルクドエクスポジション
出展者数 6682社
日本からの出展 29社(うち新規出展社)

21世紀に入ってはじめの10年が過ぎ、新しい節目を迎えようとしている。
世界的な不況といわれるタイミングで行われるPVではあるが日本からの訪問も減少した。

フォーラムでの提案は例年通りを基本とし、紳士向けとしてまとめられたものや新しく際立ったもの(NewMarkers)が紹介された。
「白」に特別な注目が集まり素材感とともにその料理の仕方での差別化が期待されている。

GeneralForum(ジェネラルフォーラム)
5号館入り口近くの中央に設けられたジェネラルフォーラムではカラーと全体を通しての素材の特徴を発表した。
会場の雰囲気は少し靄がかかったように感じられ、ライティングとあわせて透明感に欠けているような気がした。
新たな指標と3つのテーマが提案された。




1) NewMarkers(新しい指標)
見覚えのあるような分かりやすい普遍的な価値を大切にする。
その結果多くの人が共有しているマルチカルチャーの中から独自の解釈を加え楽観的な気分で現実とリンクさせる。
・ 制御された機能素材―柔らかなデニム 細番手でコンパクトなテリークロス グラフィカルなダイアゴナル キャンバス地など丈夫な素材
・ 異種なものを交ぜたようなオーセンティック素材―マルチカルチャーの表現 2〜3色使いの刺繍 ニュートラルカラー使いのマドラスチェック ハンカチーフ、タオルチェック
・ 祭り風のファンシー素材―晴れの日の楽しい装飾 レース 刺繍 ジャカード リサイクル風 色鮮やかな織物や刺繍
・ 基本的なパターンーポップアート ストリートカルチャー プリミティブアートにヒントを得る 大胆で直感的 コンテンポラリーなアクセントを付加した略図風 具象柄 象徴的な画風

会場で見たキーワードと素材
・ rounding off angles 連続模様
・ elemental dynamics レース
・ welcoming fluidity メンズ風デニム 硬いレース
・ fesive fantasy プリント リボン レース
・ play fully derailed キネティック トライバル
・ intima intensive energy フリンジ風 大柄
・ affectionately pencilled ペン画風
・ cuddly weight しっかり重さを感じるデニム 高密度
・ enthusiastically drawn 紙、透ける、光沢
・ sky bearing パラシュートクロス 
・ elegantly rain proof しっとり 落ち感
・ covered in delicacy やわらかく繊細なコーティング




2) Light(明るさ、軽さ。clarity明快)
ピンクの羽で出来たハートがいかにも明るく軽やかなオブジェとして置かれているが、そのコンセプトは曖昧さをなくし正しい位置にあるものを意味する。
正しいバランス、率直で感性豊かなデザインを促すような素材提案が行われる。
このテーマとは裏腹に白をベースにしたペールカラーや、靄と氷が解けて出来る透き通るようなピュアな色が使われたニュアンスを感じさせるコーナー。
更にアシッドカラーと対比させて明るさを演出している。
・ クリアーなテキスタイルー余分をそぎ落とし、分かりやすさを強調する清潔感、明るさ、軽さで素材の存在感を出す 爽やか、繊細なテクスチャー 窮屈でない規則性
・ 白さー露出オーバーやハレーション現象 陽にさらされた 白っぽさ 白の玉虫効果 洗い 漂白加工のコットン 薄いインディゴ 石膏 部分コーティングでマットとつやを出す
・ 3D効果―レリーフ 幾何学的なプリーツ エンボスなどの加工 ニット、織物、刺繍で薄さと厚さ、硬さと柔らかさ、重さと軽さのコントラストを表現
・ さっぱりしたデザインー精密な構造、細い線、線画 高層建築を思わせるデザイン 偽りのない遠近法 規格外サイズのモチーフ
・ 鋭利で繊細―超細番手 超軽量 高密度の半透明はストレッチ素材 パリパリコットン シルク 滑らかでフラットなスーチング スパンとフィラメント(N)
・ 新鮮な触感―反発力 クレープ 流動感 軽く柔らかいデニム

会場で見たキーワードと素材
・ matte 吸い込むような素材
・ wet light しっとり感 ゴース
・ enflamed with white 白を感じさせるような色味 ブルー ストライプ プリント ぼかし
・ ever exposed 少しハレーションが起きたような 玉虫効果
 2009/02/27 23:19  この記事のURL  / 

PVが提案するカラーハーモニー
全26色の提案色の組み合わせによる最終用途を意識したゾーニングへのカラーハーモニーが提案されました。
メンズ、レディス、子供、スポーツウエアの四つのゾーンですがその中の二つをご紹介します。

☆レディス
・ Spuruce clarity − こぎれいで清澄さのある色 9色

・ Gentle energy − 優しさのあるエネルギー 5色

・ Imaginary flags − 旗(国旗)のイメージ 7色

☆スポーツウエア
・ Dusty pales − 埃っぽいペールカラー 6色

・ Active simplicity − 躍動感がありかつシンプルな色 6色

・ Tedeur & rough − 柔らかさとラフの両面を持ち合わせる色 7色

 2009/02/24 22:24  この記事のURL  / 

2010年春夏PVの人気カラー
恒例のバイヤーによる人気カラーのアンケートが今シーズンも行われました。
2月10,11,12日の3日間に集計された結果の順位のうち上位7位までは以下のようになっています。
1位(水滴)は57ポイント、2位(インク)は46ポイント、3位(フェイスパウダー)は41ポイントと高得点ですが、4位(晴天)19ポイント、5位(バラ)18ポイント、6位(ターコイズ)16ポイント、7位(赤)15ポイントと差をつけてほとんど同得点となっています。
白に近い色とダークブルーに特に注目が集まったといえます。後半は明るく綺麗な色に集中しました。シーズンの特徴を明快に現した色ではないでしょうか。
 2009/02/22 23:57  この記事のURL  / 

2010年春夏プルミエールヴィジョン報告1
ファッションビジネスにも不況風が吹き荒れる今シーズンですが、来年の春夏を予測する先陣をきって、2月10日から13日までパリ郊外の見本市会場にてプルミエールヴィジョン展が開催されました。
その内容を順次お知らせいたします。
出展者数は628社。
日本からは新規出展を含めて29社です。


カラー

素材の生き生きとした魅力の内側に隠されたカラーは、三次元と共鳴したかのようなハーモニーを奏で、ミックスすることによってさらに効果をまし広がりを見せる。
清澄さ、フレッシュ、柔らかなコントラストなどと大胆な対話をしながら繋がり展開する。

◎ 新たな指標(New markers)として
みんなが分かち合える普遍的な価値を大切にする。
シンボリックカラーとして慣れ親しんだ基本的な色、花や物質や食べ物からとった色があげられる。琥珀、薔薇、蜂蜜、レンガ、陶器、ゴムなどの普遍的な物質の色で新しいダイナミズムを作り出す。

三つの特徴

◎ 光を当ててより輝きを(lighting up and making lighter)
光を当ててより明るさを引き出す。
はかないトーンとの大胆な組み合わせで繊細でかつはじけたような表現をするスパークリングカラー。
ピュアホワイトをベースにペールカラーで配色。
靄や氷などの非物質的で透き通るようなピュアな色調。
クリスタルのような透明色、オパールの乳白色、マットで明るい色。
酸性色がフレッシュなアクセントに使われる。

◎ ひそやかな高貴さ(secret nobility)
快楽主義と慎重さの間で調和を保つ密やかな高貴さ。
知的裏づけのあるリッチ感やラグジュアリーを表すデリケートな色。
たとえば影の色の微妙なニュアンスや、光が織り成す色のバリエーションを感知しモノクローム風に処理された色。
自然の中の花びら、貝殻、夜空、嵐の空、大地、粘土、砂など。

◎ 波動、揺らぎ(fluctuation)
理性と詩的情緒の間で行きつ戻りつする波動のような色たち。
ペールカラーとインテンスカラーの組み合わせで鮮やかだが穏やかなコントラストを作る。
静穏で深みのあるブルーから空のような紺青まで、ブルーを使いこなす。
 2009/02/21 23:53  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ