« 前へ | Main | 次へ »
パリ・プルミエール・ヴィジョンとその周辺@
PVと時期をあわせ日本の産地やテクノロジーを紹介する展示会が幾つか開催されました。その一つ、ソトーとダイドーのコラボレーションによるテキスタイルコレクションは、パリの9区にあるエスモード校のクラシックな校舎の中で行われました。
ソトー(尾州)の技術と各産地の特徴をからませた素材作りを、ダイドーが販売すると言う連携がとられています。
デザイナーは梶原加奈子さん。
同展の素材作りのコンセプトは三つあります。
1)JAPAN QUALITY 世界最高の薄地。巧みの技術を軸とする特殊な糸使いによる表現。
2)NATURAL 天然繊維からインスパイアーされたモチーフで、テクスチャーの豊かさを表現したジャカードや後加工。
3)ORIJINAL 未来志向、技術と感性の融合。時代に呼応するハイテクニック電子ジャカードや超多色ジャカード。
                      (写真参照、展示会案内状より)



北陸、関東、東海、岡山産地から18〜20社の協力を得て、各々こだわりの素材を作り上げました。中でも薄く透ける素材に光りを当て水を表現したもの。重厚できらびやかでありながらどこか懐かしいジャカード。素朴で優しいナチュラルの表現など、織り、プリント、ジャカードをふんだんに披露してくれました。
国内で更なる展示会が待たれます。

  

  

 
 2008/02/27 23:57  この記事のURL  / 

プラダの春
極上のシルクやシルク/麻、超長綿を思わせる「ハリ」と「オチ」の両方を持ち合わせたかのような素材使い。濃密で重厚ささえ感じさせる色を白で巧みに生き抜きをするような配色、大胆なゴールド使い、繊細なタッチの大きな柄のプリント、レトロ感を漂わせながらどこかバロックの匂いも持つ今春のプラダに魅かれるものがあります。

  
 柄の大胆なパンツ

 

でも本当に注目されるのはカラフルなレザーのパッチワークの小型のバッグや大胆なプリントのボストン風バッグ、モチーフをつなぎ合わせたり、ゴールドの光沢を楽しんだ靴かもしれません。
頭をよぎる春のトレンドが全て含まれたようなウィンドウにしばし釘付けになりました。
おとなのこだわりが可愛いプラダの春一番です。
 2008/02/06 01:09  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ