« 前へ | Main | 次へ »
年末のウィンドウ
 2016年も残すところわずかです。
 世界の政治、経済、社会ともに激しい変化に見舞われ、ファッション動向も今までにない多面的で複雑な動きを見せています。
 クリスマスまでの華やいだ街の様子から新年を迎える間のウィンドウは案外静かな落ち着いた表情を見せます。
 今年はベーシックでエレガント、シンプルで美しいシルエットが気になりました。
 これらには上質な素材や本物、フェイクを問わずファーが自然にあしらわれていたり、さりげない刺繍やステッチでベーシックを新たなものにしています。
 これに対して装飾性の高いものはやはり新年のウィンドウを飾るのにふさわしいものとして華やぎを与えてくれます。
 クリスマスと変わらないところ、このまま新年のセールに入りそうな感じのするウィンドウもありますが全体にどこかきちんと感が漂っています。
 年が切り替わるほんの一瞬にも世情が反映されているのでしょうか。
 2017年が少しでも良い年になりますように。















 2016/12/30 19:50  この記事のURL  / 

ハレの場を際立たせる
 ホリデーシーズンを迎えるとイルミネーションや音楽とともにファッションでも華やかさや光り感を伴う装飾性の高いものが私達の目を楽しませてくれます。
 そんな見慣れた光景ですが、今シーズンはより手の込んだゴージャスなものが増えたような気がします。
 刺繍、コラージュ、レース、ビジュー、スパンコール、これらに加えてファーのアレンジが沢山見られます。
 フリル、ラッフル、透ける、光るなど楽しさや華やぎはファッションの大切な要素です。
 新年とは少し異なるハレの店頭をご覧ください。















 2016/12/25 00:57  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ