« 前へ | Main | 次へ »
カラーを楽しむウールコート
 コートやジャケットの素材が多様化する中でじわじわとウールの存在感が増しています。
 冬のコートやベーシックなジャケットには従来から「ふさわしい」といわれる色が付けられてきました。
 ウールにピッタリといわれるベージュやキャメル、グレー、紺、黒といった定番色と赤や白でしょうか。
 これに合繊のダウンや中綿キルトがそのシェアを広げることで、よりスポーティでカジュアルに着こなしが楽しめるようになりウールコートにもカラフル感が出てきました。
 更に今ではプリントや先染め、ジャカード、刺繍やパッチワークが加わり、ミックス感さえ味わうことができます。
 今冬の店頭ではデザインにこだわったベーシックなウール素材使いと素材やカラーの組み合わせ、今までにあまり見られなかったクールなパステルのグループが気になります。
 ふんわりと温かそうなタッチ、密度のあるフラノ、縮絨をかけたようなジャージーなど、ウールの代表的な素材感に少しキッチュなパステルカラーがつけられコートやジャケットを新鮮なアイテムに蘇らせています。
 ツィードとはテーストを別にしたウールの新しい存在感です。





 2014/12/08 22:09  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ