« 前へ | Main
Premiere Vision 2018−19 A/W 8 Style Focus スタイルと素材のマッチング提案 その2
[テック&ネーチュア] (テクニックと自然)

・アーバンカントリー
 ワイドジーンズとバルキーセーターにスポーツスピリットを加え、ナチュラルなアーバンルックを作る。
 手作り感と最新の技術をミックス。
 機能素材、ラスティックな外見、すっきり感ともやもや感をダブルフェイスで一つにする。
 機能性と未来志向の美しさを備えたアクセサリーにはスポーツの世界の影響を付加する。

















・ダンシングデニム
 シルエットにメリハリをつけ、ウエストをきっちりマークしてデニムジャケットをフェミニンにアレンジする。
 洗い加工したベロアタッチのデニム、控えめな織り柄の入ったデニムをクチュール風に仕立てる。
 スポーツウエア素材でレトロなスカートにカツを入れる。
 機能素材やレザー、トレーニングウエア用ニットやチュールで今風にアップデートする。















[過激で個性的]

・傍若無人な組み合わせ
 柄を自由に組み合わせ、ユニークなコーディネートを作りだす。
 フェミニンで繊細なドレスに男性用のダッフルコートを重ねる。
 アウターにもインナーにもプリント、ジャカード、刺繍、ニードルパンチのカラフルな柄を使う。 抽象からグラフィカル、様々な意匠で不統一なコーディネートを工夫し柄で遊ぶ。
 アクセサリーの使い方にひねりを加える。
 レザーやスタッド使いで不良っぽいパンクスタイルやバイカー風タッチを加える。















・温かでエキセントリック
 つま先から頭のてっぺんまで色と柄を堂々と打ち出す。
 不釣り合いな色と柄を生き自摸重ねて身体を温める。
 ボリューム感たっぷりのブルゾン。
 あちこちからのデザインの組み合わせを楽しみ、ビンテージをからかい、ブランドもののモチーフやパターンにひねりを加えて面白がる。
 ニットと布帛を混ぜ変わった使い方をする。
 バックスキン、ワークウエアやアウトドアファッションのアクセサリーや資材を取り入れる。









 2017/11/29 21:36  この記事のURL  / 


« 前へ | Main
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ