« 前へ | Main | 次へ »
Premiere Vision 2018−19 A/W 4 THE FORUM  1
 出展社から提出された自信ある素材が一堂に集められ、シーズンの特徴や方向性を示す大きなスペースが「THE FORUM」です。
 6Hの中央に設けられカラー提案、フィルム、二つの大テーマのもとに分けられた膨大な素材は圧巻であり、ワクワクするほどの情報が詰まっています。

テーマは二つ:
EERIE IMAGININGS (夢幻的な空想の世界)
空想と現実の間にある想像力豊かな表現による素材。
IRREVERENT ELEGANCE (反逆的なエレガンス)
真面目さやスタンダードから脱け出し自由で生き生きとしたエレガンステーストの素材。

今回は一つ目のテーマをご紹介します。

EERIE IMAGININGS
 現実と想像の間にあるような奇想天外ともいえる世界。
 神秘的なポエムとデジタル時代の民話をミックスしたような表現。
 甘美でありながらダークな夢想も持ち合わせた素材。
 未来志向の滑らかさ、ベロアタッチ、不思議な感触、波紋状にきらめく色、チカチカとした瞬き、動きのあるボンヤリ感。
 境界線があいまいな彩色(ぼんやり、滲んだような、重なったなど)、謎めいた風景、細く曲がりくねったようなシルエット、輪郭がはっきりしないクモのようなふんわりしたボリューム感、などがポイント。

 このテーマの素材の特徴は
・未来志向のシルクライク
・明快な光沢  
・曖昧なビジュアル
・とてつもない柔らかさ
・様々な表情のベロアベルベット
・奇妙さ
などがあげられます。  

 いくつかのキーワードと素材をご紹介します。

・Brain-teeser graphics








・Neo shot-aspects








・Metallic coldness








・Plastic shine








・Liquid lacquers








・Neo shot-aspects






・Moire wanderings








・Bizarre bestiary










・Silky performance








・Powdery softness






                    撮影 北川美智子
 2017/10/29 21:49  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ