« 前へ | Main | 次へ »
東コレの素材ー2
4月7日表参道ヒルズにおいてラコステの08−09AW向けコレクションの展示会がありました。
このところのスポーツブランドの活躍ぶりは世界から注目されているところです。
クリストファー・ルメールをクリエイティブディレクターに迎え本格的なスポーツウエア(カジュアルウエア)のラインを目指しているラコステの商品は、ニューヨークコレクションの中でも最も人気のあるブランドの一つです。
アディダス、ナイキ、Y3などややハードなスポーツウエアやアウトドア用、競技用の素材は日本のテクノロジーを一躍有名にしましたが、一方でトラディショナルなスポーツを得意とするジャンルでは素材の幅が大きく広がる結果となりました。
今回のラコステのラインも「マウンテン・ハイスキー・ホリデー」と言うテーマのもと、機能とクラシックやトラディショナルの感覚がバランスよく取り入れられた素材使いがされています。
ラコステらしいポロシャツからのバリエーションには鹿の子はもちろん、そのボーダー使い、天竺、スムス、微起毛、光沢感のあるものなどでシャツやワンピースまでの展開、様々なブルゾン、プレッピースタイルを代表するようなピーコート、ブレザー、コートなどなど、クラシックテーストを新しい素材使いで新鮮に見せてくれました。中でもウール/ナイロン/PUの布帛はまるでジャージーのように柔らかな風合いとフィット感を持ち、クラシックなジャケットと細身のパンツはスキーと言うテーマを離れた新しいスポーツウエアのジャンルを作っています。

 2008/04/14 22:34  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ