« 前へ | Main | 次へ »
東コレ2012-13AW(JFW)
 銀座、渋谷、六本木でファッションショーやアートイベントを開催しているファッションウィークですが、今シーズンのコレクションは独自のコンセプトを強く打ち出しながらも全体に着安さ、楽しさ、神秘的な美しさや可愛さを感じさせました。
 中でも素材の大きなテーマでもあるナチュラル感は粗野感ではなく自然の美しい色や優しい風合い、微妙なドレープなどが、天然、化合繊を問わず巧みな表現力で登場しました。
 気になったコレクションの幾つかを順次ご紹介します。

「Cune」(キューン)(デザイナーは安田裕紀氏)
 1994年にスタートしたこのブランドは 過去に発表したテーマ「腸」と「白目」が不評だったことへの再挑戦として、今シーズンはインスタレーションの形で商品を紹介しています。
 特徴はなんと言っても白く丸い目玉の釦と紐のように、又は一筆書きのように表現された腸です。
 どちらもあまりにリアルでファッションのテーマとしては異質なものですが、茶目っ気たっぷりなディテールや付属として使われ思わずくすっと笑ってしまう楽しさがあります。
 プリーツスカートやジャケット、デニムアイテム、ニットワンピース、カットソー、シャツ、靴など(メンズ向けも含み)縫製、カッティング、シルエットとも商品の出来栄えのよさを感じました。
 このことが少々奇異とも取れるこのテーマをユーモアに変えてくれるのかもしれません。
 ブラブラしたピンクのニットの腸や太いコード刺繍で表した腸、丸い白目はちょっと変わった可愛いシュールです。









 更に興味のある方はwww.cune.jpへ。
 2012/03/27 22:14  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:北川 美智子
Michiko Kitagawa

テキスタイルディレクター

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ