« 前へ | Main | 次へ »
そろそろ。。。
ちょっとした提案?

以前にも試みとしてありましたがアパレルと共同制作された映画作品。

キャストが劇中で着ている服がその場で購入出来る。つまり『作品』自体がブランドとしての作品でもある。

どうです?ミュージシャンのPVでもなんでもいいんです。映像内で出演しているキャストの服がその場で購入出来ちゃう。。

番組やPVやドラマ、映画なんでもキャストが着ている服が購入出来てしまうコンテンツ。制作バジェット(予算)が足りない動画サイトからしてみればアパレルブランドの協賛がつく可能性もあるし。。

いつか番組の冠に ○ニクロ『シンプルライフ』なんていう映画が全国上映される時が来るかもしれないですよね。

その中で俳優もいればモデルもいる『そのブランドが提案するストーリー』を動画で制作する。

服を分かり易くする為の動画ではなくストーリーの中に見える『服』の在り方。

業界関係者是非さっそく取り組んでみてくださいね。

その時はキャスト是非うちにお声かけください。笑


 2013/10/31 18:46  この記事のURL  / 

東京ファッションウィーク
東京ファッションウィークも終わり思った事。

ショーの中身とかどうこう言う前にこの

『東京ファッションウィーク』

に気づいた通りすがりの一般人はどれだけいたのだろうか?

今回コレクションの為、幾度となくヒカリエへ足を運んだがその度にファッションウィークなのだという実感の無さを感じました。

ヒカリエや東急本店前に設置されたスポンサーの『メルセデスベンツの車』。

多くの人々が流れる中、それを横目で流す程度のオブジェ。

ファッションを感じ取れないヒカリエ内の装飾。。。

渋谷駅からヒカリエへ向かう工事中の道すがら、何故かこの路からワクワクしながら現場へ向かう気になれなかったのは私だけだろうか?

東京ディズニーランドへ行く時は子供達はドキドキするし、それ程興味がない人でさえそのドキドキ感に圧倒されたりするけど結局ヒカリエホール前に着いた時に

『ああ、、ファッションウィークがやってて良かった』

とかろうじて思えた事。

東京ファッションウィークがある一定の人達の為だけのものであれば今後も変わらないんだろうなぁっと、ちょっと寂しくも感じた今回の東京ファッションウィークでした。

※ちなみに今回も多くの所属モデル達がお世話になった事、心から感謝しております。
 2013/10/23 14:41  この記事のURL  / 

ファッションと生活
最近、生活とファッションの密接な関係性を以前より強く感じる様になったこと。

ファッションは生活スタイルによって反映されている事が多くある。それはサッカー好きがサッカーに因んだアイテムを好むのと同じで私たちの生活の中で何に興味があるか=(イコール)ファッションへと繋がる傾向だという事。

だからそのジャンルにおいて多くのファッショニスタはその極(キワ)モノとさえ思える輩が正直多いのも事実。※大抵のスタイリストは完全にその道のオタクですよね。笑

ファッションを追求するということはその奥にあるモノを知るという事。最近では趣味がファッションと特に密接になっていることから中途半端な知識で着用しようものならその道の極モノ(ファッショニスタ)から

「それって〇〇のシグネーチャーで〇〇よりも機能的だよね」とか「〇〇年代の〇〇だからさあ。。。」など

という話題になり自爆することになり兼ねる。

そして、僕見たいなファッションは好きだけどあまりその道の極モノになりきれていない、ましてやモデル事務所の代表なんて肩書きがあると尚更ファッション業界の視線は手厳しい。そんな者がついつい「これ、かっこいいから購入しよう」と安易に手を伸ばしてしまうと、

「この偽物め!!」

的な視線を受けることも少なからずあるから怖い。。。

まあ、それはさて置き、先ほども記載した通り僕はどちらかと言うとファッションが好きな方だとは思いますが、特に以前よりもそれを密接に感じる様になったのは10〜20代に好きだったファッションから40手前になってより生活感のあるものを好む様になったことです。

ファッションと生活のバランスがいい人って本当にセンスが光ってカッコいいなぁ〜と思うのです。

そんな素敵な歳の取り方をしていきたいというどーでもいいお話でした。笑
 2013/10/10 15:00  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
左右田 謙(そうだ けん)
株式会社バークインスタイル代表

『日本から世界へ』をテーマに、国内外でのモデルマネージメントをはじめ、国内初となるモデル事務所発信のイベントや国内外ECサイトを中心としたモデル起用の試みなど従来になかった新境地を切り開いている。

今年で5年目の新鋭モデル事務所として所属モデル達と共に活動の場を広げ近年ではアジア、ヨーロッパへとワールドワイドな展開をしている。

●所属モデル:所属モデル:shogo、花楓、浅野啓介、kanoco等 総勢80名所属

・BARK in STYLe (model division)
http://www.barkinstyle.jp
・B Tokyo (model & casting division)
http://www.b-tokyo.com
・STUDIO(photo,exhibition,kids shooting)
http://www.b-products.com
更新順ブログ一覧
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード

http://apalog.com/kensoda/index1_0.rdf