« 前へ | Main | 次へ »
THE magazine.jp
THE magazine.jp 20120926
all creations made by Tokyo creators.
there are some unused PICs picked by my eye's.
enjoy them

KEN SODA


thank you for all pics you watched!!
see you next time!!

featuring www.barkinstyle.jp
 2012/09/26 17:57  この記事のURL  / 

「B SIDE」
「B SIDE」

戦後、ありとあらゆるものが欧米化されていく中で日本で初めて欧米式のモデル業界がスタートしたわけですが、そこから今の団塊世代の方々が思い描く『モデル』と現在でいう『モデル』の間には間違いなく『モデル像』としての認識の差が存在します。

『BARK in STYLe』は比較的十人十色の個性的なモデルが多数在籍しており従来でいう『モデル像』には到底当てはまらないメンバーも在籍しております。笑

例えば

花楓:Deladama designer(ブランドデザイナー) http://www.deladama.jp/
jan:Great 3(ミュージシャン) http://www.great3.com
victor:spain restaurant owner(レストランオーナー) http://salyamor.com/
fumi:miçanga designer(ミサンガデザイナー)
取り扱い店
http://www.slang-inc.com/ http://www.madeinworld.co.jp/ http://ridicule.jp/

また、時代の認識の差でいうと『モデル=身長が高い』『スタイルがいい』『ウォーキングが出来る』『当たり前だけどカッコいい』 etc..

近年では以前に増して『個性』『雰囲気』『分かりやすいイメージ』個にデフォルメされた分野が多く、その結果個性的なモデル達が生まれてきました。。。

・モデル兼ファッションデザイナー
・   兼俳優
・   兼プロスケーター
・   兼プロサーファー
・   兼ダンサー
・   兼カメラマン etc...

『B SIDE』(モデル以外の面)が新たに変化し一時代でブームとなり今では当たり前に兼業する時代となりました。

これからの『モデル像』とは俗に言う『マネキンタイプ』ではなく、その人が持つ感性や興味、特徴がどこへ向いているのかが明確でモデル業以外の『B SIDE』との出会いや関わり方が多くの人達の共感を生み、新しい『モデル像』が生まれ主流となっていくのではないかと思います。既にその傾向になりつつある様ですが...

時代によって色々と変化していく『人の魅力という定義』、モデル達だけでなく私自身も自分なりの『B SIDE』を見つけていつまでも輝ける様にしていきたいと思います。



 2012/09/21 16:37  この記事のURL  / 

O! DAIBA リレーマラソン
O! DAIBA リレーマラソン 42.195km

バークインスタイルはモデル達と課外活動的に色々なイベントに参加するのですが、今回は以前に参加したお台場で行われた『O! DAIBA リレーマラソン』大会の模様をお伝え致します。
マラソンランナーやスポーツサークル等が参加するこの大会。私たちはBカテゴリーにエントリーをしました。7人で42.195kmをバトンリレーで1人あたり2kmを猛ダッシュして次へ渡す。かなり過酷なマラソンとなったわけですが。。。
社長命令でウォーミングアップにガチの腕立て伏せ。モデル達、若干引き気味。
TAKUが走る!!
オガサワラユウスケが走る!!
kalinaが走る!!
shogoが走る!!
そして、呉山賢治がなんと区間記録をマーク!!アスリートがいる中で快挙!!
私は倒れる!!
kalinaも倒れる!!
前半20番台からスタートしたteam『BARK in STYLe』なんと.....
猛追による追い上げでなんと2位でFINISH!!
リレーマラソン初参加にして準優勝!!
もちろんレース後の楽しみ.....
皆で一杯頂きました!!
また、色々なイベントに挑戦していきたいと思います!!




 2012/09/20 16:00  この記事のURL  / 

BARK in NATURe
BARK in NATURe

一年前の夏に農協さんからご提供して頂いた農業ワークウェアを身にまとい映画『おくりびと』の舞台となった山形県酒田市へモデル達と農作業を通して現地の方達と触れ合ってきました。

http://www.minoriminoru.jp/goods/overall.html

そしてあれから一年経ち、収穫の季節が近づいてきました。。。普段見れないモデル達のプライベートな表情がとても良く撮れていたので今回は是非ご覧頂けたらと思います。

絶景、月山、鳥海山など有名な山に囲まれています。
トラクターの荷台に。。。ほんとはダメだよ。。

shogo『モロヘイヤ』大漁!!
沙織サボっている!?『SOW頑張れ』
こういう時に抜群の馬力を誇る『TAKU活躍』
『川がに!!』これ食べれるんですよ。ホントに。
Tatsuya shout!!


ハイッ!!ぱちり!!
蛙が!!肩に!!


午後は地元の町内会の方々の指導のもと手打ちそばを!!

流石、女性ですね。
真剣なまなざし
美味しく頂きました!!

農作業二日目の午後は近所の川で川遊び。

のーんびりとした時間が過ぎていきます。。。
メンズ達は銛(もり)を持って何時間も魚を追いかけていました。
日本海の静けさに身を任せ、またいつか戻って来ようと想いにふけるのでした。。

 2012/09/14 18:42  この記事のURL  / 

Behind the street culture
Behind the street culture

私の青春時代は80~90's。時代はBOOWY〜COMPLEXへ、遊び場が近所から都心へ『渋谷』、『六本木』へと大人の階段を登り始めた頃でした。



それはバブル後期の香りが微かに残っていた古き良き(ハチャメチャな)時代でした。



90's、私は高校生。兄がモデルをやっていた事から渋谷のファイヤーストリートにお店を構えていた『Made in world』へよく行ったものです。

当時は怖そうなお兄さん達がたむろしていてお店に入る前に深呼吸をしていたのを覚えています。

それでもカッコいいお兄さん達が着飾るスタイル(アメカジ全盛)に憧れを抱き、とにかく必死にそのスタイルを盗んでやろうと、彼らと共通の友達である『兄』をダシに一生懸命会話をしたものです。

それから少しずつ彼らが遊びに行く所へ連れていってもらう様になり、気が付くと遊び場から自分なりの『ファッション』と言うものを見いだす様になっていました。



90'sは『DKNY』『calvin klein』『D&G』『Jean-Paul GAULTIER』等のDCが全盛でニューヨークでサンプル品等が安く買えるお店(確か21とか言ったかな???)があると噂を聞きニューヨークへ3ヶ月間『クラブ巡り』と『DC shopping 巡り』で遊学しました。



ニューヨークのクラブでは『Tunnel』(元駅のトンネルをナイトクラブとして使用していた)『twilo』等で当時、MaddonaのRemixを手がけていた『Junior Vasquez』やDee Liteのメンバーであった『tei towa』等のプレイを堪能!!





あの青春時代から20年の月日が経とうとしています。。。

『BARK in STYLe』にも当時の私と同い歳位のモデルが入ってきました。彼らもこれから自分なりの青春時代を築いていき、そして新たな『culture-文化』を作っていくわけです。

全ての若者に期待!!


※ちなみに当時怖そうだったお兄さん達は・・・小林二郎さん、鈴木一真さん、熊谷隆志さん、村上淳さん、松岡俊介さん、その他多数

(当時、私が勝手に怖がっていただけで実際はいつも良くしてくれた諸先輩方です)
 2012/09/11 18:31  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
左右田 謙(そうだ けん)
株式会社バークインスタイル代表

『日本から世界へ』をテーマに、国内外でのモデルマネージメントをはじめ、国内初となるモデル事務所発信のイベントや国内外ECサイトを中心としたモデル起用の試みなど従来になかった新境地を切り開いている。

今年で5年目の新鋭モデル事務所として所属モデル達と共に活動の場を広げ近年ではアジア、ヨーロッパへとワールドワイドな展開をしている。

●所属モデル:所属モデル:shogo、花楓、浅野啓介、kanoco等 総勢80名所属

・BARK in STYLe (model division)
http://www.barkinstyle.jp
・B Tokyo (model & casting division)
http://www.b-tokyo.com
・STUDIO(photo,exhibition,kids shooting)
http://www.b-products.com
更新順ブログ一覧
2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード

http://apalog.com/kensoda/index1_0.rdf