« 前へ | Main | 次へ »
ファッションマーケットの新境地とは?
今時のモデルの価値ってinstagram(SNS)のフォロワーの数などで決まっている様に言われたりするけど実際は購買に直結しているかどうかが重要なんだと思う。

もちろん、目安としてのフォロワー数は基準としてとても助かるし実際に一つの記事に対して閲覧数が把握出来るから便利ではある。

しかし、雑誌もそうだけど雑誌が売れる事とそこに掲載されている商品が売れるという事はまた別もの。ブランディングとしての広告であり雑誌から商品は直購入出来ない訳だから。。。

だからより直結に繋がるECサイトが普及した訳なんですが。。。これも時代背景がそうさせているのかアナログ世代だからなのか実際に手に取った事の無い高額商品(衣料)ともなると『いいなぁ〜』『欲しいなぁ〜』と思っても購入まで辿り着けなかったりする。※時代の波に乗り切れていないのか。。。

想像を膨らませる事って重要だけどそれ以上にリアリティー(肌触り手触り)を求める事の大切さってアナログでしか分からないものもあると思う。

共存して話題を作っているのが『team Lab』のデジタルとアナログの融合みたいな取り組みとか。※実際に手で触ってデジタルを体感する試みはただ最先端テクノロジーを押し付けられている感じが一切しない。

むしろ、子供も大人も難しい事一切なくデジタルの凄さを体感出来るってことだけ。

ファッションでもこうしたシンプルに体感し購買欲に直結する様な画期的なシステムが導入されたらどうだろう。。。そしたら生身のモデルいらなくなるのかな。。笑

それでもデジタルとアナログの共存的なアプローチは必須だと思う。

雑誌『SENSE』なんかは良い例だと思う。雑誌の中身を具現化して購買者へダイレクトで伝える努力をしている。ファッションは見るだけじゃない、肌で感じて良ければファッションを買ってくれ〜〜って叫んでいる感じが凄く伝わる。

今までの雑誌の在り方とこれからの雑誌と言う紙媒体の定義が少しづつ変わって来ているんだと思うし、血の脈だつ(リアルに感じること)ものがそこにあれば購買という意欲が生まれるのだろう。

『アンドロイド(モデル)が着ている服を見て買いに来ました〜』なんて購買者が増えたらその時はマジでモデル事務所たたむ事を真剣に考えるかも。笑

 2014/09/01 15:40  この記事のURL  / 

paris 2015 SS
今回もコレクションシーズンのパリへ5日間行ってきました。

国内中心としたモデル事務所が何故海外のコレクションに足を運ぶ必要があるのか?

そんな事は簡単です。僕たちは常に世界のファッション業界の一員だからです。

日本のマーケットを中心にやっているけど、トレンドはあらゆる角度から国内へ流入してきます。当然、今期のパリコレクションからも数多くのトレンドが世界中に拡散していくでしょう。

もうすぐ其処には『2015FWのシーズン』が待ち構えています。。。汗

ファッションって本当に次から次へとトレンドが早いなぁ。。。

僕たちの感覚を世界から取り残されない様に。。ただそれだけなのです、本当の理由は。笑



miharayasuhiro 2015SS@Paris

 2014/07/11 19:00  この記事のURL  / 

LOCALISM-ローカリズム-
最近読んだ書籍にも出てくるキーワード『ローカリズム(LOCALISM)』、今月発売の雑誌「GO OUT」でも発信力として「ローカリズム」をクローズアップ、様々なメディアで提唱し目にすることが多くなっています。


           「レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか」


またファッション業界でも『ローカリズム』としてこだわりを持ち続けながら各地で発信するローカルブランドも目にする機会が増えました。

近年ヨーロッパや欧米のマネごとの様なカタログやキャスティングが乱発しそれに付随したメディア・プロダクトも絶えず増え続けておりましたが、最近飲食業界でも取り沙汰されている「ローカル=オリジナリティ」という形式がファッション業界にも入り込んできた感があります。※お国が関わる『岡山ジーンズ』も含めてですが、少し別の話です。

特に国内ブランドのフェイス(見せ方)のグローバル化にマンネリ化した敏感な購買層はマスとの差別化に「ローカル=他で類をみない」を選ぶ傾向もあり、過去にもこうしたケースは多々ありましたが以前にも増して増加傾向にあると思います。 ※震災の影響もあったのでしょうかローカルを愛す意識は以前よりも高く感じます。

この傾向は既にシンガポールのファッショニスタ達は観光という点で実際に日本を「ローカル=観光」と捉えている部分も多く、雪が降らないシンガポールでは日本が冬のシーズンになると北海道や長野、新潟という「ローカル」へスキーや温泉など楽しみに来ます。

私たちはどこかで『彼らはファッションとしての日本(東京)に興味がある』と思う節があったかと思いますが実際は東京をハブ(ファッションポイント)として地方である『ローカル』により興味を頂いているケースがあるという事実。ASEANの富裕層が東京ではなく希少価値としてローカルの商品(ブランド/プロダクツ)に今後、目を向ける可能性は発信の仕方次第では可能性を秘めていると言えるでしょう。

今はアジアの購買層は東京のファッションウィンドウを見れば買い物が出来る図式ですがもし海外の購買層がこの『ローカリズム=希少価値』ローカル&スモールビジネスに気づいた時に

『海外が日本に求める希少価値=ローカル(地方性) 』
『東京はマスもしくはショーウィンドウとして』

こうした図式が成り立つ可能性があります。

あるアパレル会社の経営者が発する様に『日本は色々な意味で仕組みが複雑過ぎるし、もう新しいものが生まれる環境じゃない。』

国内ファッション業界が新たに裾幅を拡げれなければモデル業界も成り立ちません。形は違えど『世界のローカル(希少価値)』として新しいモデルタイプで世界へ発信し特性価値を見出していきたいと思います。
 2014/02/06 15:18  この記事のURL  / 

東京ファッションウィーク
東京ファッションウィークも終わり思った事。

ショーの中身とかどうこう言う前にこの

『東京ファッションウィーク』

に気づいた通りすがりの一般人はどれだけいたのだろうか?

今回コレクションの為、幾度となくヒカリエへ足を運んだがその度にファッションウィークなのだという実感の無さを感じました。

ヒカリエや東急本店前に設置されたスポンサーの『メルセデスベンツの車』。

多くの人々が流れる中、それを横目で流す程度のオブジェ。

ファッションを感じ取れないヒカリエ内の装飾。。。

渋谷駅からヒカリエへ向かう工事中の道すがら、何故かこの路からワクワクしながら現場へ向かう気になれなかったのは私だけだろうか?

東京ディズニーランドへ行く時は子供達はドキドキするし、それ程興味がない人でさえそのドキドキ感に圧倒されたりするけど結局ヒカリエホール前に着いた時に

『ああ、、ファッションウィークがやってて良かった』

とかろうじて思えた事。

東京ファッションウィークがある一定の人達の為だけのものであれば今後も変わらないんだろうなぁっと、ちょっと寂しくも感じた今回の東京ファッションウィークでした。

※ちなみに今回も多くの所属モデル達がお世話になった事、心から感謝しております。
 2013/10/23 14:41  この記事のURL  / 

TOM REBL
先日お伝えしていた『なぜモデルは脱ぎたがるか?』の検証ではなく、TOM REBL @23th JUNEのパーティーの模様をお伝えします。

 2013/07/29 12:02  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
左右田 謙(そうだ けん)
株式会社バークインスタイル代表

『日本から世界へ』をテーマに、国内外でのモデルマネージメントをはじめ、国内初となるモデル事務所発信のイベントや国内外ECサイトを中心としたモデル起用の試みなど従来になかった新境地を切り開いている。

今年で5年目の新鋭モデル事務所として所属モデル達と共に活動の場を広げ近年ではアジア、ヨーロッパへとワールドワイドな展開をしている。

●所属モデル:所属モデル:shogo、花楓、浅野啓介、kanoco等 総勢80名所属

・BARK in STYLe (model division)
http://www.barkinstyle.jp
・B Tokyo (model & casting division)
http://www.b-tokyo.com
・STUDIO(photo,exhibition,kids shooting)
http://www.b-products.com
更新順ブログ一覧
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード

http://apalog.com/kensoda/index1_0.rdf