« 前へ | Main | 次へ »
モデル像
最近、よく考える事があります。

それは『一般人』と『モデル』の違いとは一体何なのかと言う事。

一般人でもモデルみたいにカッコいい人もいれば、モデルの中にも見た目モデル?と思う人がいたりします。では何を持って『モデル』となるのでしょうか?ルックス?スタイル?。。。私はそれだけでは無い様に思います。

簡単に言うと幾つかの条件プラス『輝いている人』がそう呼ばれるのではないでしょうか。

『目がクスんでガリガリだったり』『なんだかジャンキー?みたいな』『中身の無いアウトロー』の様な人たちを雑誌やショーなどファッション系では未だにキャスティングされがちです。

コンセプトが『悪』だとしても使用するモデルをそれに寄せようとする必要は全くなくそれでいくと『監獄』でキャスティングする事が一番の最高峰になってしまいます。それでは全てがドキュメンタリーの世界になってしまうわけで、あくまでも世に出るモデル像には『最低限の幾つかのルール』を設けるべきだと思います。

例えば『麻薬』『犯罪』等を犯したものは二度とモデル業界には復帰出来ない様徹底すること。

ここでいう『悪』とはあくまでも個性ですので本当の『悪』を公の場で表現する必要はないと思います。目の輝きを失っている様な人をブランドカタログ雑誌、ショーに使用して欲しくないと思うのは私だけはない筈です。

昔から芸能界でも一度犯罪に手を染めた者が現在も普通にブラウン管の中で活躍していたりします。更正する事とこの業界で活躍する事は全く別でリンクするべきでない』というのが私個人の意見になります。

それほど『モデル』という職業は人が思う輝きの中にあるものだからこそ、憧れになるのです。

もし可愛いけど性悪女が着る服が売れたら何かイヤでしょ?実際そういうケースもあるのでしょうけど。。

『輝いているモデル』が着る服だからこそ、広告やCMを見て私もこうなろう、あーなろうと購買に繋がったり、自分自身が輝きたいと思ってもらう事、それが今のモデル達に重要なのではないでしょうか?

僕が10代の時は憧れのカッコいいモデルっていっぱいいましたけどね。。。

頑張れ現役モデル!!
 2013/04/30 13:27  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
左右田 謙(そうだ けん)
株式会社バークインスタイル代表

『日本から世界へ』をテーマに、国内外でのモデルマネージメントをはじめ、国内初となるモデル事務所発信のイベントや国内外ECサイトを中心としたモデル起用の試みなど従来になかった新境地を切り開いている。

今年で5年目の新鋭モデル事務所として所属モデル達と共に活動の場を広げ近年ではアジア、ヨーロッパへとワールドワイドな展開をしている。

●所属モデル:所属モデル:shogo、花楓、浅野啓介、kanoco等 総勢80名所属

・BARK in STYLe (model division)
http://www.barkinstyle.jp
・B Tokyo (model & casting division)
http://www.b-tokyo.com
・STUDIO(photo,exhibition,kids shooting)
http://www.b-products.com
更新順ブログ一覧
2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード

http://apalog.com/kensoda/index1_0.rdf