« 前へ | Main | 次へ »
2016ミス・ユニバースジャパン長崎大会
ファイナリスト16人「 光と美の競演」

2016 ミス・ユニバース・ジャパン長崎大会が、ファイナリスト16人により11月23日「花と光の王国」、美しいイルミネーションに輝くハウステンボスにおいて行われた。(撮影: 大石一男)


ハウステンボスの象徴 ドムトールンタワー





長崎代表はこれまで2年連続日本代表という快挙を成し遂げています。そのせいか注目度も高く会場は立ち見席が出るほどの盛況でした。
オープニングでは2連覇をなしとげた、2014年度の女王、辻恵子さんと15年度の宮本エリアナさんが二人揃ってランウェイを歩くという華々しい幕開けでした。

左: 2014 日本代表 辻恵子, 右: 2015 日本代表 宮本エリアナ (共に長崎県代表)

宮本さんは12月20日、アメリカ、ラスベカスで行われる世界大会へ間もなく出発します。彼女の世界一も期待したいです。
そして2016年長崎大会のグランプリに輝いたのは、地元出身の若杉薫子(ユキコ)さん25歳が栄冠をつかんだ。2位、松尾咲希,3位は金澤有希さんがそれぞれ受賞した。

勢揃いした16人のファイナリスト


中央: グランプリの若杉薫子さん、右: 2位 松尾咲希さん、左: 3位 金澤有希さん


若杉薫子さんの記念撮影 (大石一男)

撮影協力: スタジオ・アートアイ (濱本政春氏)







来年3月1日に東京で行われる日本大会。3連覇がかかる長崎代表の若杉薫子さん、その重圧に負けず頑張って欲しいと思います。かわいい素敵な笑顔と物怖じしない彼女、やってくれると思います。
そしてフォトジェニック賞 (大石一男の撮影)には,世界的に活躍したモデルの故山口小夜子さんを敬愛する溝上欄さんに決定した。


フォトジェニック賞の 溝上 欄さん (撮影: 大石一男)



 2015/11/28 12:15  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール


大石一男 (おおいしかずお)
KAZOU OHISHI


写真家・フォトジャーナリスト

長崎市生まれ。大学卒業後、テレビ番組の制作に8年間携わる。1979年に初めてパリコレクションを撮影。以降、ミラノやロンドン、ニューヨーク、東京、ソウルと世界のコレクションを長年に渡り撮り続ける。 東京ファションウィークには、第1回目からオフィシャルカメラとして参加。

2013年、第31回「毎日ファッション大賞」鯨岡阿美子賞受賞。著書に「カメラマンのパリコレクション」(読売新聞社)、おもな写真集に「Paris collection 1981〜2000」(新潮社)がある。

大石一男 オフィシャルサイト
http://www.kazouohishi.com/


2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ